カンサス日記2~女子大生と主婦がテロリストが愛用するAK45を打ちまくる

今日も引き続き良い天気。

アメリカの街には至る所に上の写真のような星条旗がはためいている。

bunner.jpg

何故日本には日章旗が至る所にないのだろうか。

異国にいると日本が特殊な国だということが良くわかる。

さあ、今日はお待ちかねのガンシューティングだ。

ジェフがよく通っている射撃練習場へ連れて行ってもらう。

gun4.jpg

トランクからライフルとピストルが入った大きいバックを取り出す

guns 2

もう気分はほとんどミリタリーモード。

gunbag.jpg

中に入るとガンショップになっていて、牛がお出迎え

gun 6
lifl 2

ピストルがズラリ

guns 3

ライフルもズラリ

gun 7

こちらは自動小銃

automatic guns

手前はピストル用の弾で、その奥はライフル用だ。

bullet.jpg

弾を撃つと薬莢と呼ばれる空の弾がそこらじゅうに飛び散る。

ある程度撃ったら床に散らばった薬莢を掃除しないといけない。

clean puyan

飛び出したばかりの薬莢はすごく熱いので、触れるとやけどをすることもある。

実際に娘は飛び出した熱い薬莢が胸の中に入り込んで驚いていた。

だから射撃の時は裸足のサンダルはダメで、必ず靴を履かないといけない。

嫁と娘はサンダル履きなので、本当は射撃場の中に入れなかったのだが、ジェフが交渉してサンダルの上から布のカバーをすることで特別に許可してもらった。

yome ashi
musume ashi

裸足でサンダルを履いてガンを撃とうとする日本人に、唖然としていた店員の気持ちも良くわかる。

観光モード丸出しである。

いろんなターゲットがあり、好きなものを選ぶことができる。

target.jpg

中にはこんなものも

target picture

中古のライフルならわずか100ドルで買うことができる

used lifl

さあ、いよいよ射撃場へ。ターミネーターはとても嬉しそう。

jeff 7

射撃場の内部は監視カメラが設定し、常時監視している。
また、銃口は絶対にターゲットの方向以外に向けてはいけないなど、使用上の厳格なルールがある。
違反行為があれば、すぐにセキュリティーへ連絡が行き強制退場させられる。

rule.jpg

内部はこんな感じ

gun range

ターゲットまでの距離はここで調整する

range control

まず射撃前に簡単な注意事項を受ける

jeff 8

ジェフがバックからガンを取り出す

jeff guns

これはいつもジェフが持ち歩いているピストル。特殊部隊シールズが使っているガンだ。

jeffs pistol 1

「いいか、こうやってレバー引いて使うんだぞ」

jeff 9

「わかったな、簡単だろ?じゃあ撃ってみようか」

jeff 10

「しっかりガンをホールドして、狙いを定めて!」

jeff 11
puyan gun

「うんうん、最初にしては結構やるじゃねえか」

jeff 12

「じゃあ、次は長距離用のスコープ付きライフルいくぞ。1マイル離れてても狙えるんだぜ」

jeff 13
lifl 3

ライフルの弾はマガジンと呼ばれる弾倉に上から一つづつ押し込んで入れていく。

bullet 2

30発装填できるマガジン

magazine.jpg

「まずは俺が手本を見せるから」

jeff 17

「こうして狙って撃つんだぞ」

jeff 18

「わかったな。じゃあいくぞ。ここをしっかり持ってろよ」

jeff 15

「そうそう、ターゲットにレーザーを合わせて」

jeff 16

「ターゲットが見えるだろ。そこを狙え」

puyan gun 4
puyan gun 5

「次はAK-47を撃つぞ。このライフルは扱いがシンプルなのでテロリストに人気があるんだよ」

jeff ak47 2
jeff ak47

結構当たってる♪

puyan target 2

ガンを撃った後は、火薬から出る重金属が手に残るので、専用のソープでしっかり手を洗い流す。

soap.jpg

こんな感じで家族4人全員がジェフ教官の指導を受けて射撃訓練を受けた。

テロリストが使っているAK-47を撃ったことのある主婦や女子大生など日本では誰もいないだろう。

終わったころにはすっかり特殊部隊モードへ。

はるばる日本から来た甲斐があった。

楽しかった旅行も今日で終わり。

明日はLA経由で東京へ。

ありがとうジェフ。

終わり。

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです

応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
(Visited 1 times, 1 visits today)