プットを買ってお正月の宝くじにする

爆上げの日経を横目に、さすがにこれはおかしいといつも自問自答している。

「なら、がっつりと売ればええやん」、と突っ込まれそうだが、踏み上げられるのも怖い。

こんな時、リスクは最小で、あわよくば大儲けできる手法がある

その手法とは、日経平均のオプションを使う事である。

オプションに馴染みの無い人にはわかりにくいが、オプションにはコールとプットがあり、

相場が上昇すれば、コールは上昇し、プットは下落する。
相場が下落すれば、コールは下落し、プットは上昇する。

何だかよくわからないと思うが、今回の日経平均爆上げ相場に対して、「いやー、いくらなんでもこれはバブルやろ、絶対に下がるやろ。年明けにはスゴイ暴落が来るかもしれんよ」などと適当な事を言っている僕のような人は、めっちゃ安いプットを買うことで大儲けができる可能性があるということ。

大納会の寄り付きの権利行使価格25,000円のプットは10円。
1枚の値段は、10円×1,000倍=10,000円。

思惑通りに相場が下落すると、このプットの値段が急騰するので、1万円が数倍から数十倍になる可能性もある。

しかしSQまでに権利行使価格2万5千まで下がらなければ、このプットは紙くずとなる。

SQまで待つ必要はなく、途中でプットが高騰したタイミングで決済しても良い。

とりあえず10円のプットを10枚買ってみた。
良いお年玉になれば嬉しいけど・・

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです。

人気記事

コロナ相場が待ち遠しくなるVIX(恐怖指数)でヘッジする最強のトレード手法

運用モデルについて

旧ブログ(2019年10月以前の記事)