Topix先物デイトレシステムver3のロスカット設定について

先日、225先物デイトレシステムのロスカット設定の変更についての記事を書いたが、今回はTopix先物デイトレシステムのロスカット設定についてのご連絡

コロナ相場の2020年、225先物と同様にTopix先物のデイトレシステムも年間でマイナスの成績に終わった。

コロナの激震が走った3月に連続してロスカットの嵐に見舞われたのが主原因だが、こちらも従来のロスカット設定25ポイントから20ポイントへ小さくすることで、2020年の成績がプラスになることが判明した。

また、LCを25→20に小さくしたことによる過去成績への影響についても、通年でマイナスの年はなく全てがプラスで終わっているのを確認。

LC25(従来)とLC20(変更後)の通年の損益比較

LC25LC20
20073,765,0003,620,000
20083,265,0002,380,000
20092,020,0001,970,000
20101,625,0001,625,000
2011915,000915,000
2012355,000355,000
20135,695,0005,660,000
20142,240,0002,070,000
20151,585,0001,665,000
20162,780,0002,090,000
20171,705,0001,705,000
20181,715,0001,850,000
2019365,000335,000
2020-420,000410,000

最終の損益合計額としては、若干LC20の方が少なくなっているが、リスクを小さくする方向なので、今後はこちらの設定の方が良いと判断。

Topixデイトレシステムver3をお持ちの方は、今後、ロスカットを25→20へ変更していただければと思う。

LCの変更箇所は、「日中_topix」シートのK18セルを25→20に変更することでOK。

どうぞよろしくお願いいたします。

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです。