相場は僕のATM!?

ゲーム実況で30億円を稼ぐ男

「ゲーム実況」市場がめちゃくちゃ盛り上がっているそうだ。

そこには、おっさんには全くわからん世界が広がっている・・

僕らおっさん世代のゲームといえば、中学生の頃にインベーダーゲームが流行り、ゲームセンターや喫茶店に入りびたりになった友達も多かったが、今ではオンラインでゲームするのが当たり前になってるのね。

恥ずかしながら全然知らんかった・・

なんでもこのオンラインゲームで実況をするというスタイルが流行っているようで、視聴時間は今では世界で1日に1億時間に達するというから度肝を抜かれた。

い、いちおくじかん・・

「何という時間の浪費」というと怒られそうだが、オンラインゲームのお陰で間違いなく人間の生産性が衰退していくのが見える。

ゲーム実況は巨大メディアに成長しているようで、アマゾン系のゲーム実況配信であるTwitchというところが世界最大手なんだと。

ちょっと覗いてみたけど、おっさんには全く意味不明の世界だ。

更に驚いたのは、このTwich人気実況者が30億円でライバルのゲーム実況配信業者に引き抜かれたという。

プロ野球やサッカー選手の話ではない。
ゲームを実況する普通の男の話である。

なんでこんなことになっているかというと、ゲーム実況者の発言力にある。

30億で引き抜かれた男の場合、1700万人のフォロワーを持ち、その影響力は絶大で、ある新作のゲームのプレー動画を実況すると、たちまち1か月で登録プレーヤーが5千万人に達する大ヒットになったりする。

そのお陰でゲーム制作会社は儲かり、実況者に1億円の報酬を支払ったという。

人気ゲーム実況者の発言力はゲームだけにとどまらず、サムスン、レッドブル、アディダスなどそうそうたる一流企業がスポンサーになっている。

こうした企業がスポンサーになる最大の理由は、若者に刺さるメディアだということ。

実は米国の大統領選でも民主党の下院議員がTwichに登場して、若者にバイデンへの投票を呼び掛けたこともあった。

ゲーム実況者の中には、定額配信による報酬が月に500万円を超える者もいるという。

若者に刺さるメディアというのもわかるが、なんだかなー

未来の貴重な若者がこの方向に進んでいるのを目の当たりにして、背筋が寒くなった・・

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです

応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
(Visited 1 times, 1 visits today)