月: 2021年7月

【株式投資】高校で始まる資産運用の授業を行うのは家庭科の先生という衝撃

証券会社に勤める娘からのネタをご紹介。 来年度から高校の授業で「資産形成」の科目が追加されるという。 その内容は、株式や債券、投資信託など基本的な金融商品の特徴を教えることだそうで、なんとその授業を担当するのが家庭科の先 …

【株式投資】高校で始まる資産運用の授業を行うのは家庭科の先生という衝撃 もっと読む »

【株式投資】日銀のさじ加減一つで暴落する企業ランキング

金融緩和の一環で、政府は国債や株を買い漁り、日本経済はまるで社会主義化してしまった。 ユニクロやTDKなどの優良企業の大株主は、ことごとく日銀に成り代わり、今や日銀が10%以上の株を保有する企業は700社にも上る 日本の …

【株式投資】日銀のさじ加減一つで暴落する企業ランキング もっと読む »

【株式投資】トレード利益の10%を貯金して大金持ちになる

今回も引き続き「ミリオネア・マインド」からの内容をシェアしようと思う。 一生懸命働いて稼ぐだけでは、ほとんどの人はまず大金持ちになれない。 毎日朝早くから夜遅くまで肉体を駆使し、一生懸命働いて少しずつ貯金を続けても、自分 …

【株式投資】トレード利益の10%を貯金して大金持ちになる もっと読む »

【株式投資】運用にはしょぼい運用から、果敢にチャレンジしてデカい果実を得ようとする運用がある。大金持ちになれる人には「チャンス」が見え、お金に縁のない人は「障害」が見える。

そして運用方法もこれまた沢山あり、までいろいろだ。 「ミリオネア・マインド/大金持ちになれる人」という本を娘が読んでとても面白かったというので、僕も読んでみた。 よくある啓発本だが、この中の一部をシェアしようと思う。 僕 …

【株式投資】運用にはしょぼい運用から、果敢にチャレンジしてデカい果実を得ようとする運用がある。大金持ちになれる人には「チャンス」が見え、お金に縁のない人は「障害」が見える。 もっと読む »

【株式投資】日本株だけが置いて行かれる悲しさ

アメリカの株価は一向に衰える様子が無く、ガンガンと上昇を続けている。 もう天井か、暴落か、というマーケット関係者の心配などどこ吹く風で連日の最高値更新である。 少し下がれば、ここぞとばかりに押し目買いが入り、今の米国株は …

【株式投資】日本株だけが置いて行かれる悲しさ もっと読む »

【株式投資】知行合一とは知識は使ってなんぼである

「知行合一」(ちこうごういつ)という言葉を先日初めて知った。 中国の革命思想家・王陽明の説く陽明学で、「知っているということは、行うということと1つなのだ」という意味だ。 つまり、行なわなければ知っているとはいえない。知 …

【株式投資】知行合一とは知識は使ってなんぼである もっと読む »

【株式投資】「5年間マーケットが閉まっても問題がない、一度買ったら売る必要のない企業」に投資をする、日本のバフェットと呼ばれる農林中金のファンドマネージャー

農林中金のファンドマネージャーで、日本のウォーレンバフェットと呼ばれている人がいる。 奥野一成氏だ。 農中は世界的に有名な機関投資家で、かなり積極的に世界中の株や債券などに投資している。 僕は長期的な運用にはあまり興味が …

【株式投資】「5年間マーケットが閉まっても問題がない、一度買ったら売る必要のない企業」に投資をする、日本のバフェットと呼ばれる農林中金のファンドマネージャー もっと読む »

【株式投資】相場の波動を利用するトレードはうまくいくのか

相場の波動を利用したトレード手法としてはエリオット波動なんかが有名だ。 エリオット波動とは「ラルフ・ネルソン・エリオット」が発見した株価変動の原理で、相場はエリオットが見つけ出したパターンを繰り返しながら進んでいくとの前 …

【株式投資】相場の波動を利用するトレードはうまくいくのか もっと読む »

【勉強会・先物投資】先物デイトレモデル(ヘッジ型)

勉強会のお知らせ 日経平均先物を違う銘柄でヘッジして運用する「寄り引けデイトレードモデル」のご紹介。 寄り引けとは、取引開始時間にエントリーして取引終了時に決済するトレード手法で、必ず当日まで決済し翌朝以降持ち越さない。 …

【勉強会・先物投資】先物デイトレモデル(ヘッジ型) もっと読む »