チャイナショックの悪夢が再び来る?ソフトバンクGなど中国関連の株がこれからやばくなる気配。

中国の恒大集団のデフォルト危機で金融マーケットに衝撃を与えているが、中でも中国関連企業の株が狙い撃ちにあっている。

TOTOやソフトバンクGなどの中国経済に大きく依存している株が軒並み叩き売られているのだ。

ウォシュレットで有名なTOTOは、海外事業での中国での売り上げが半分以上を占めているし、ソフトバンクGに至っては、虎の子の「アリババ株」がめちゃくちゃ下がっている影響をもろに受けている。

15年のチャイナショックの悪夢が再来すれば、中国に進出している多くの日本企業がやばくなるのではないだろうか。

15年のチャイナショックは政府の人民元切り下げによる元安が引き金となったが、今回の恒大集団の問題がどの程度金融市場に影響を及ぼすのかについて専門家はいろいろと言っているが、結局のところ誰にもわからない。

マーケットにはなんとなく不安のマグマが溜まっているようにも見えるし、「キンペー」が恒大を見捨てるならば、いよいよチャイナショックが真実味を帯びてきそうな気配である。

ちなみに日本企業で中国への関与が高い会社はこんな感じ

  • TOTO
  • 日立建機
  • コマツ
  • ネクソン
  • ソフトバンクG
  • ダイキン
  • 日本製鉄
  • 住友重工
  • 安川電機
  • 東海カーボン

このリストには載っていないが、ユニクロなんかも結構やばかったりして・・

中国関連の株を持っている人は、今後チャートが気になって仕方がないのかもしれないね。


PS
【無料プレゼントのお知らせ】
ビットコインの時間のクセを分析したレポートを差し上げます。先着30名なのでご興味ある方はお早めにどうぞ。

仮想通貨には時間のクセがあり、特定の時間にトレードするだけで儲かる可能性があります。この内容をまとめた資料を無料で差し上げます。

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村


先物・オプションランキング

(Visited 93 times, 1 visits today)