ホームレスが占領するカリフォルニアは、憧れのイメージとは程遠くなり街が廃れてしまった。

ガソリンや生活物資がどんどん上がっているアメリカ。

インフレはもはや一時的なものではなく長期化すると多くの人が言い始めているが、FRBは今だに「なあに、そのうちすぐに収まるよ」とまだまだのんびりムードさえ漂う。

インフレもさることながら、今アメリカではホームレスが街中に溢れているというショッキングなニュースを見た。

コロナ以降、ロサンゼルスではエンタメ関係の弁護士、会計士、飲食関係者など多くが失業しホームレスになってしまったと言うニュースである。

また大きなトレーラーを持っているほどの裕福だった人が、住宅ローンを払えずにホームレスになって、そのままトレーラー生活をしているというのも皮肉だ。

多くのアメリカ人は貯金がなく、その日暮らしをしていると聞いて驚いたが、コロナがまさにとどめを刺してしまったのだろう。


失業者への特別手当もそろそろ終わる頃で、これから益々ホームレスが増加すると思われる。

カリフォルニアといえば、青い空、青い海、高いパームツリーに囲まれた街並みをイメ―ジするが、ベニスビーチ、ハリウッド、ダウンタウンなどはホームレスに占領され、街が廃墟のようになってしまったのが悲しい・・・

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「2つのバナー」をポチっとしていただくと、とても嬉しいです♪

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村


先物・オプションランキング
(Visited 89 times, 1 visits today)