【日経225先物】マーケットの乱高下の波を面白いようにサーフィンするアクティブ投資法「スイング+デイモデル」


日米のマーケットは怒涛のリバウンド。

米国株式マーケットが日増しにきな臭くなっているが、値動きの方は相変わらず激しい乱高下が続いている。

1月の米国株の大幅な下落により、S&P500インデックス投信などから歴史的な資金の流出があったようで、投信で運用している人も、連日の値動きの激しさに心休まる日が無いだろう。

まあ、相場とはもともとこういうものだが、平常心で居られる人はごくわずかで、その他大勢のにわか投資家にとっては、あまり居心地の良い世界ではないようだ。

こんな乱高下相場でも、「スイング+デイ」モデルは見事な波乗りを披露してくれる。

昨日のNYからの大きなリバウンドも、頭から尻尾まで、ほぼすっぽりと取れたようだ。


マーケットは底から反転したと言う人もいるし、いやまだまだ2番底、3番底まで下落するぞと言っている人もいる。

そんな人達を横目に、「まあ、上でも下でもいいよね。大きく動いてくれたら」と呟いておこう・・


カテゴリー

 資産運用 

 政治・経済

 勉強会 

 旅行

 雑記


今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
バナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです♪

応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング
(Visited 105 times, 1 visits today)