中国元に対しても最安値更新しそうな円

米ドルだけでなくアジアの新興国に対しても全面安の円だが、世界の工場としてデフレをバラまいてきた中国の元に対しても、円は大きく下落している。

その下落幅は、ドル円より大きく、コロナ前の水準と比較して25%以上も下落しているのだ。

更にこの円安は、2015年6月の最安値を更新しそうな勢いである。

この水準が定着するようなら、もう中国でモノを作って輸入するよりも、日本に工場を戻して日本で作った方が良くなる。

グローバリズムの終焉で生産も国内回帰の流れが続けば、円安の定着は再び日本を製造王国にするのだろうか。

円安はエネルギーなどの輸入コストを大きく上げてネガティブなニュースばかりが先行しがちだが、製造業にとってはまたとないチャンス到来なのかもしれない。

【Youtubeチャンネルのお知らせ】

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

目からウロコの新着ブログ記事はここをクリック

カテゴリー

 資産運用 

 政治・経済

 勉強会 

 旅行

 雑記

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
バナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです♪

応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング

(Visited 86 times, 1 visits today)