昭和時代の東京証券取引所の場立ちの人は、数百にも上る銘柄の売買を全て手信号で行うという「神の手」を持っていた。

最近投資を始めた人には信じられないだろうが、昭和のバブル期、東京証券取引所はNY証券取引所を抜いて取引高の時価総額NO1の時代だった。 日本が世界の金融を牛耳っていたのである。 当時の東証は、今のように最先端のコンピュー …

昭和時代の東京証券取引所の場立ちの人は、数百にも上る銘柄の売買を全て手信号で行うという「神の手」を持っていた。 もっと読む »