日経平均株価ついに最高値更新で壮絶なダブルトップになるか?

Last Updated on 2024年2月25日 by ぷーやん

日経平均株価がついに34年ぶりに最高値を更新した。

日経新聞も号外並みの扱いで一面トップで取り上げている。

お祭り騒ぎに水を差す気はさらさらないのだが、今回の日経平均の最高値更新は前回のバブル期の高揚感に比べるとあまりにも差がありすぎ、日経平均最高値更新した今でも、庶民の給料は上がらず、物価は上がり、実質賃金は減り続ける一方で、相変わらず生活は楽でない現状が続いている。

これから日経平均が5万円、6万円、7万円とどんどんと上がっていくという声もちらほら聞こえるが、株価が上がれば単純に景気がどんどんと良くなるということではなく、相応にインフレも進むので、周りの生活物資がどんどんと値上がりしていくという側面もある。

仮に日経平均が10万円になったとしても、タクシーの初乗り運賃が、今の450円から1200円になれば株価が上昇してもあまり意味はなく、むしろ給料が相応に上がらなければ生活は悲惨な状態になる。

それでもまだ株を持ってる人はましで、株をやらずに現金だけ抱え込んでる人は、インフレでその現金の価値は1/3になってしまうという恐ろしさもある。

もう一度、日経平均株価のチャートをよく見てみよう。

1989年の最高値からアベノミックスが始まる2012年まで株価は下がり続け、そこから一気に反転して最高値を更新した。

テクニカル的に言えば、見事なダブルトップの形になり、今後再び大きく下落するということも十分に考えられる。

今回だけはこのダブルトップのテクニカル分析が当たらないことを祈るばかりである。

PS
オンライン無料相談始めました。
ご自身の運用についてのお悩みや、新しい運用のネタのきっかけを探しておられる方は、お気軽にご相談ください。
オンライン無料相談

今日もお越し下さりありがとうございます
応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング

メルマガ詳細

【なんちゃってデイトレード】

「なんちゃってデイトレ」では、今回の記事のように海外の商品先物などをフィルタに使ったモデルを公開しています。毎日寄り付き前の銘柄情報を無料で公開中です。

なんちゃってデイトレード

【勉強会のご案内】

不定期で資産運用の勉強会を開催しています。

株、ETF、先物、FX等、ジャンルに関わらず、収益機会があればどんな金融商品にも積極的に投資を行い、相場をATMにすることを目的とします。

安定的に最高のパフォーマンスを継続させるには、運用モデルの開発やブラッシュアップを絶えず行う必要があり、新しいアイデアや運用モデル、マーケット情報を勉強会のメンバーと共有します。

勉強会の開催は随時ブログでご案内しますので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

現在開催中の勉強会はこちら

Youtube

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

———————————————————————-

(Visited 173 times, 1 visits today)