チャットGPTの開発とアフリカの影響

Last Updated on 2024年6月22日 by ぷーやん

AI技術が急速に進化する中、チャットGPTはその最前線に立っている。

チャットGPTの技術の開発には膨大な対話データと高度な訓練が必要だが、驚くべきことに、その訓練の多くはアフリカの人々によって支えられている可能性があるという。

チャットGPTの開発には、数多くの対話データが必要で、OpenAIは、開発初期の頃、この対話データを収集するために、アフリカの多くの人々を雇っていた。

彼らは時給2ドルで雇われ、AIとの対話を通じて適切な答えを学ぶ手助けをしている。このプロセスは、単なるデータ収集ではなく、AIがより人間らしいコミュニケーションを学ぶための重要なステップになっている。

最近のチャットGPTは、話し言葉ではあまり使わない独特な言葉を多用することが増えているという。

これは、アフリカでの訓練が影響を与えている可能性があり、アフリカの多様な言語背景や文化的な表現が、AIの言語モデルに反映されているらしい。

例えば、特定の地域でよく使われるフレーズや表現が、AIの回答に登場することがある。これは、AIが地域特有の言葉を使用することを学んだからだ。

AIの進化が続く中で、チャットGPTが現在のペースでデータを使用し続けると、2026年までに利用可能なデータが尽きる可能性があるという。

そのうち AI は我々の思考や文化を知らないうちに乗り換えるのかもしれない。

PS
上昇相場でも暴落相場でも相場がどちらへ行こうとも利益を出せるのはトレンドフォローモデルだけです。もう下手な逆張りで傷を広げるようなことをせずに大きな利益が期待できるトレンドフォローの運用をしませんか?詳しくはこちら

今日もお越し下さりありがとうございます
応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング

メルマガ詳細

【オンライン無料相談】

オンライン無料相談始めました。ご自身の運用についてのお悩みや、新しい運用のネタのきっかけを探しておられる方は、お気軽にご相談ください。

オンライン無料相談

【なんちゃってデイトレード】

「なんちゃってデイトレ」では、今回の記事のように海外の商品先物などをフィルタに使ったモデルを公開しています。

なんちゃってデイトレード

【勉強会のご案内】

不定期で資産運用の勉強会を開催しています。

株、ETF、先物、FX等、ジャンルに関わらず、収益機会があればどんな金融商品にも積極的に投資を行い、相場をATMにすることを目的とします。

安定的に最高のパフォーマンスを継続させるには、運用モデルの開発やブラッシュアップを絶えず行う必要があり、新しいアイデアや運用モデル、マーケット情報を勉強会のメンバーと共有します。

勉強会の開催は随時ブログでご案内しますので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

現在開催中の勉強会はこちら

Youtube

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

———————————————————————-

(Visited 37 times, 1 visits today)