NVIDIA 祭りで大儲けしている米国下院議長のナンシー・ペロシの強欲さ

Last Updated on 2024年6月29日 by ぷーやん

米国下院議長のナンシー・ペロシ

中国の脅しの中、台湾に強行訪問したガッツのあるおばちゃんである。

実はナンシーペロシは米国株式市場の NVIDIA 祭りで、神輿しに乗って大儲けしている政治家の一人である。

実際にはナンシー・ペロシの夫であるポール・ペロシ氏が、Nvidia株で大きな利益を上げている。

彼の投資戦略は市場で広く使われているものとは異なり、株を買う代わりにコールオプションを買って大儲けしている。

米国では現物株を買うよりも、コールオプションを買う投資家が多く、理由はコールオプションは安く買うことができ、とんでもないレバレッジが効くので、満期のSQ時に株価が上昇していれば大儲けすることができる。

ポール・ペロシはNvidiaの株を購入する際、その株価がすでに高くても、オプションのストライク価格を事前に決めているので、投資資金は少なく、リスクは限定され、大きな利益を狙うことができるのだ。

しかし、いくらコールオプションがレバレッジが聞いて魅力的だと言っても、株価が上がらなければいくらリスクが限定されていても意味がない。

どうしてペロシの夫は、 NVIDIA のコールオプションを大量買いできたのだろうか?

それは下院議員の ペロスがもたらす NVIDIA のインサイダー情報だと言われているのがもっぱらの噂である。

米国政府は半導体を戦略的産業と捉え、台湾に一極集中している半導体産業を米国に持ってきて、これを地場産業に育てるために米国の半導体企業に莫大な補助金を出している。

NVIDIA にも当然こういう政府からの補助金は行っているだろうし、ペロシは政府側の人間として当然詳しい情報を持っているはずである

そして家に帰り、旦那にこっそりと耳打ちすれば、NVIDIA の株は間違いなく上がるということを確信できるし、安心してがっつりとNVIDIA の株を買うことができるということである。

はっきり言ってこれはインサイダー取引以外の何物でもない

米国政府の中枢にいる政治家が、こうしたインサイダー情報を利用して大儲けしていることに対して、どうして何もペナルティーが課せられないのかが不思議だ

もう何でもやり放題だ

ナンシー・ペロシ、恐るべし おばちゃんである

PS
上昇相場でも暴落相場でも相場がどちらへ行こうとも利益を出せるのはトレンドフォローモデルだけです。もう下手な逆張りで傷を広げるようなことをせずに大きな利益が期待できるトレンドフォローの運用をしませんか?詳しくはこちら

今日もお越し下さりありがとうございます
応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング

メルマガ詳細

【オンライン無料相談】

オンライン無料相談始めました。ご自身の運用についてのお悩みや、新しい運用のネタのきっかけを探しておられる方は、お気軽にご相談ください。

オンライン無料相談

【なんちゃってデイトレード】

「なんちゃってデイトレ」では、今回の記事のように海外の商品先物などをフィルタに使ったモデルを公開しています。

なんちゃってデイトレード

【勉強会のご案内】

不定期で資産運用の勉強会を開催しています。

株、ETF、先物、FX等、ジャンルに関わらず、収益機会があればどんな金融商品にも積極的に投資を行い、相場をATMにすることを目的とします。

安定的に最高のパフォーマンスを継続させるには、運用モデルの開発やブラッシュアップを絶えず行う必要があり、新しいアイデアや運用モデル、マーケット情報を勉強会のメンバーと共有します。

勉強会の開催は随時ブログでご案内しますので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

現在開催中の勉強会はこちら

Youtube

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

———————————————————————-

(Visited 94 times, 1 visits today)