ChatGPTに株でぼろ儲けする方法を聞いてみる

Last Updated on 2023年1月29日 by ぷーやん


今世界中で話題になっている、ChatGPT

聞きたいことを入力すると、人間を相手にやりとりしているような自然な会話で、何でも一瞬で答えてくれる魔法のようなチャットボットがChatGPTだ。

人類はついにドラえもんを手に入れたのだろうか。

ちなみに以下の質問をChatGPTに投げかけてみる。

「株でぼろ儲けする方法を教えて?」

以下がChatGPTの答えだ。

株式市場でぼろもうけをするための方法はいくつかありますが、代表的なものをいくつか紹介します。

  1. 株式投資: 株式を購入し、長期的に保有し、株価の上昇に乗って利益を上げる方法。株価の上昇には企業の業績の良さや経済全体の景気が影響します。
  2. デイトレーディング: 株価の上下を利用し、短期的に取引を行う方法。投資期間が短いため、リスクも高いです。
  3. CFD取引: CFD(差金決済取引)を利用して、株価の上下に応じた取引を行う方法。投資期間が短いため、リスクも高いです。

これらの方法には、それぞれリスクも伴います。株式投資は長期的に見ればリスクは少ないですが、短期的に見ればリスクは高くなります。デイトレーディングやCFD取引は短期的にはリターンも高いですが、リスクも高いです。ぼろもうけをするためには、リスクを理解した上で、自己のリスク許容度に合った方法を選ぶことが重要です。


ということらしい。

次にもう少し突っ込んでテクニカル指数を使って儲ける方法を聞いてみる。


「RSIを使って株で儲ける方法を教えて?」

RSI (Relative Strength Index)は、株価の上昇と下落を比較し、株価が過剰買いや過剰売りの状態かを判断する指標の一つです。RSIは0から100までの値を取り、70以上では過剰買い、30以下では過剰売りと判断されます。

RSIを使って株式市場で儲ける方法には、以下のような方法があります。

  1. 過剰買いから売り: RSIが70以上になった時に、過剰買いのシグナルが出るため、株価が下落する可能性が高いと判断して、売りをすることで利益を上げる方法。
  2. 過剰売りから買い: RSIが30以下になった時に、過剰売りのシグナルが出るため、株価が上昇する可能性が高いと判断して、買いをすることで利益を上げる方法。
  3. RSIと移動平均線のクロス: RSIが移動平均線を上回った場合に買い、下回った場合に売りという戦略。

これらの戦略には、それぞれリスクも伴います。株価の上昇や下落には、様々な要因が影響します。RSIはそれらの要因をすべて反映しているわけではないため、常に正確なシグナルを出すわけではありません。ぼろもうけをするためには、RSIを使った戦略を使う前に市場や企業の状況を調べ、リスクを理解した上で取引を行うことが重要です。


おりこうさんです。

こんなもの出来たら、暗記ばかりの教育界はどうなるのだろう。

宿題も論文も全部ChatGPTで解決してしまう。

教育界の人はとんだ怪物の出現にこれからどうやって対応するのだろう?

今日もお越し下さりありがとうございます
応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング

運用に役立つ内容が全て無料で読めます!まだメルマガ登録していない方は今すぐご登録を!
投資手法を詳しく解説したバックナンバーも全て無料で読めます。

メルマガ詳細


【勉強会のご案内】

不定期で資産運用の勉強会を開催しています。

株、ETF、先物、FX等、ジャンルに関わらず、収益機会があればどんな金融商品にも積極的に投資を行い、相場をATMにすることを目的とします。

安定的に最高のパフォーマンスを継続させるには、運用モデルの開発やブラッシュアップを絶えず行う必要があり、新しいアイデアや運用モデル、マーケット情報を勉強会のメンバーと共有します。

勉強会の開催は随時ブログでご案内しますので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

現在開催中の勉強会はこちら

 

【Youtubeチャンネルのお知らせ】

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

目からウロコの新着ブログ記事はここをクリック

カテゴリー

 資産運用 

 政治・経済

 勉強会 

 旅行

 雑記

———————————————————————- 【アフィリエイト】

ライン証券
LINE証券

楽天証券
楽天証券

松井証券
松井証券【multi】 ————————————————————————-
(Visited 583 times, 1 visits today)