相場は僕のATM!?

【新着ブログ】相次ぐシステム障害でみずほ銀行がついに金融庁の管理下に置かれ、15年前にみずほフィナンシャルグループの株を買った人は株価が5分の1と文字通りボロ株になってしまった。

相次ぐシステム障害でみずほ銀行がついに金融庁の管理下に置かれ、15年前にみずほフィナンシャルグループの株を買った人は株価が5分の1と文字通りボロ株になってしまった。

最近の投稿


ブログ・カテゴリ

資産運用 勉強会 政治・経済 旅行 雑記 新着記事


「自分で稼ぐ」思考が必要な時代

初めまして、ぷーやんです。

このブログは、相場について、資産運用について、僕が考えていることや実践したことなどを少しずつまとめている場所です。

一昔前まで、「日本人は貯金ばかりして、お金の運用が下手くそだ」などと、海外の投資家などからしばしば笑われてきました。

しかし、現代は真面目に会社勤めをしていれば、誰もがそこそこ中流の生活ができる、という時代では、もはやありません。

だからこそ、これを読んでいただいているみなさんも、相場や資産運用と言った言葉に興味を感じられたのではないでしょうか。

これからは「会社から給料をもらう」のではなく「自分で稼ぐ」という思考を持たなければ生きていけない時代と言って良いでしょう。

「自分で稼ぐ」思考が必要な時代


運用モデル

運用方法は、企業の業績や財務を精査し、将来性をいち早く見出し投資することで運用成績を上げるような、いわゆるファンダメンタル分析による投資ではなく、あくまでも統計的観点から定量モデルを構築し、超短期のマーケットの動きを予想するテクニカルな方法を採用している。

  • 相場をATMにするためには、まず運用モデル(投資手法)を確立する必要がある。
  • マーケットは株かFXか先物か?
  • 順張りか逆張りか?
  • 短期運用か長期運用か?
  • 運用の核になるものなので、じっくりと研究して腹に落ちた運用方法を見つけよう。

続きはこちら


資金管理

「資金管理」が運用では大事だと理解しているつもりでも、実際にどうやれば良いのかを理解している人は驚くほど少ない。

資金管理を一言で言えば、保守的な運用であろうが博打的な運用であろうが、「どの程度のリスクを受け入れるか」を決める事であり、別の言い方をすれば「リスクをどのくらいまで晒すか?」ということである。

リスク許容度が決まれば、運用資金が決まり、期待パフォーマンスも概ね予想できる。

続きはこちら

関連動画
稼ぐ金額は自分で決める


複利運用

資産運用の肝は複利運用。最初は小さな資金でも、リスクに応じた複利運用をシステマチックにすることで極めて大きなリターンが見込める。
複利運用こそが投資でパフォーマンスを決定する最重要ポイントである。
ここでは僕が開発したPの公式という資金管理モデルを使ったシュミレーションをご紹介する。

続きはこちら


【勉強会】

不定期で資産運用の勉強会を開催。

株、ETF、先物、FX等、ジャンルに関わらず、収益機会があればどんな金融商品にも積極的に投資を行い、相場をATMにすることを目的としている。

安定的に最高のパフォーマンスを継続させるには、運用モデルの開発やブラッシュアップを絶えず行う必要があり、新しいアイデアや運用モデル、マーケット情報を勉強会のメンバーと共有。

勉強会の開催は随時ブログでご案内しますので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

続きはこちら


今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村


先物・オプションランキング

(Visited 4,924 times, 1 visits today)