【無料】225先物を使った朝のスキャルピング手法

【無料】225先物を使った朝のスキャルピング手法

スキャルピング手法を無料公開します。

対象は日経平均先物の期近限月。

トレード時間は、8:45~9:00の15分間のスキャルピング。

現物株の取引時間は9:00だが、日経平均先物は15分早い8:45に取引が始まる。

マーケット参加者は15分早く始まる先物の値動きを監視するが、株式相場が始まるまでのこの空白の15分間には様々なマーケット関係者の思惑が飛び交う時間になる。

  • さてこの空白の15分間にはどんな傾向があるのだろうか?
  • どの時間に仕掛けて、どのタイミングで決済するとうまくいくのだろうか?
  • わずか数ティックを狙うスキャルピングと言う手法にはどのくらいの優位性があるのだろうか?

2020年のスキャルピング手法を使った成績はこちら
(スプレッドは考慮しない)

単位:ティック
損益 +1,125円
勝率 57.6%
トレード回数 224回

日経平均先物の流動性は9:00の現物株の取り引きが始まると取引高の増大と共に急激に高くなるが、取引開始から9:00までの動きはスローで、価格が一方向へ行く流れが続きやすい。

この特性を利用して超短時間のスキャルピングで利益を狙う手法だ。

ブログをご覧の方には無料で資料を差し上げますので、ご興味のある方はこちらからご応募ください。

PDF2

予想をはるかに上回るお申込みの為、受付を終了しました。

題名には必ず「スキャルピング手法の申し込み」と明記してください。

また長年相場を研究してきて、ブログでは書くことのできない極秘の投資手法を紹介するメルマガ発行しています(不定期)ので、この機に是非お申込みください
無料メルマガ登録はこちら

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです。