ぷーやん について

1965年生まれ、大阪出身 米国メリーマウント大学卒業 大学卒業後、父の会社(製造メーカー)に入社し、全国の工場を渡り歩く。 赴任地は、大阪→埼玉→神戸→山形→仙台→三重→佐賀 出張先、国内は島根県を除いた全国。海外は、韓国、台湾、中国、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど 1999年不幸にも父の会社が倒産 その後、埼玉で会社勤めのサラリーマンをしながらの兼業トレーダー 当時兼業トレーダーだが、管理職でデスクワーク中心だったので、いつもこっそりと仕事中にトレード 毎日同じ顔を見て、同じ時間に、同じ事を繰り返す毎日に辟易していたのと、その頃はトレード収入がすでに会社から貰う給料を大きく上回っていたので、これ以上仕事を続ける理由が見当たらず仕事を辞める。 最初は、トレードのやり方がわからなくて、書籍、商材、セミナーと手当たり次第に購入し勉強する。その額、数百万円以上。 しかし、机上で勉強したくらいで相場は簡単に勝たせてくれず、やればやるほど負けが膨らむ。 1999年~2000年のITバブルでソフトバンクや光通信を何も考えずに買いまくり、最後は大損をこいてしまう。 その後相変わらず相場にボコボコにされながらも、リベンジを誓い連日15時間以上パソコンに向かって検証し続ける。 現在は複数の市場、手法を織り交ぜた独自のポートフォリオを開発し、安定した収益を実現。

米国株を定期預金代わりに積み立てできるアメリカ人がうらやましい【ドルコスト法】

米国株を定期預金代わりに積み立てできるアメリカ人がうらやましい【ドルコスト法】

毎日変動する相場の絶好の買い時を探すのは至難の業だ。

素人には無理でもプロなら絶好の買い場を見つけることができると思っている人は多いが、はっきり言って、素人もプロも絶好のタイミングで買える確率はたいして変わらない。

続きを読む

【投資手法】公開後に株価が沈んでいくIPO銘柄で儲ける方法

【投資手法】公開後に爆下げするIPO銘柄で儲ける方法

株をやっている人なら、誰でも一度は新規のIPO銘柄に興味を持ったことがあるだろう。

新規のIPO銘柄を公募価格で買うことができれば、上場時には大体値上がりするので、株式投資で利益を上げるためには一番簡単な方法とされている。

続きを読む

複雑で難しそうな手法を人は好んで使うが、うまくいくのはバカみたいにシンプルな手法である

今の世の中、シンプルとは逆に複雑になる一方だ。

「コンプライアンス」「個人情報保護」「セクハラ」「環境保護」など、社会が成熟するに従い、昔なら誰も気にしなかった事が、今では逆にうるさすぎると感じることも少なくない。

続きを読む

1日で50億円失った男・BNFとはどんなトレーダーだったのか?

1日で50億円失った男・BNFとはどんなトレーダーだったのか?

BNFと聞いてすぐにピンと来た人は、「アンタ相場やってるね!」とすぐに仲良くなれそうだ。

相場の話など普通の人の前で話したら、刺さるような視線が痛いので、怖くてできないが、「BNFって知ってる?」という質問なら、相場に興味ない人なら「何それ?」で終わるので、事前にフィルターとして使えるキラーワードだ。

続きを読む

【投資手法】先物ロングショート戦略でPの公式を使うと4年半で元本が27倍になった

【投資手法】先物ロングショート戦略でPの公式を使ってみる

先日、トレード手法である「先物ロングショートver2」をバージョンアップした。

基本的にロットをフラット(枚数固定)の状態でバックテスト結果を掲載しているが、もっとギャンブル的なトレードをしたい人には、「Pの公式」という伝家の宝刀もご用意している。

続きを読む