ぷーやん

1965年生まれ、大阪出身 米国メリーマウント大学卒業 大学卒業後、父の会社(製造メーカー)に入社し、全国の工場を渡り歩く。 赴任地は、大阪→埼玉→神戸→山形→仙台→三重→佐賀 出張先、国内は島根県を除いた全国。海外は、韓国、台湾、中国、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど 1999年不幸にも父の会社が倒産 その後、埼玉で会社勤めのサラリーマンをしながらの兼業トレーダー 当時兼業トレーダーだが、管理職でデスクワーク中心だったので、いつもこっそりと仕事中にトレード 毎日同じ顔を見て、同じ時間に、同じ事を繰り返す毎日に辟易していたのと、その頃はトレード収入がすでに会社から貰う給料を大きく上回っていたので、これ以上仕事を続ける理由が見当たらず仕事を辞める。 最初は、トレードのやり方がわからなくて、書籍、商材、セミナーと手当たり次第に購入し勉強する。その額、数百万円以上。 しかし、机上で勉強したくらいで相場は簡単に勝たせてくれず、やればやるほど負けが膨らむ。 1999年~2000年のITバブルでソフトバンクや光通信を何も考えずに買いまくり、最後は大損をこいてしまう。 その後相変わらず相場にボコボコにされながらも、リベンジを誓い連日15時間以上パソコンに向かって検証し続ける。 現在は複数の市場、手法を織り交ぜた独自のポートフォリオを開発し、安定した収益を実現。

FOMCが3月利上げ発表でマーケットの修羅場がこれからやって来る

昨夜のFOMCは3月利上げ発表 すごい勢いでインフレが進むアメリカはもう待ったなしの状態で、のんびりと金利政策を進めるわけにはいかないのだろう 今年は3回の利上げを予想する関係者が多いが、3回どころか7回くらい必要なんじ …

FOMCが3月利上げ発表でマーケットの修羅場がこれからやって来る もっと読む »

【ブラッシュアップ】スイング+デイモデルの保守的運用方法

日経平均先物を対象としたスイング+デイモデルの運用において、結構良い感じのフィルターを見つけたのでご紹介。 今月も1月25日現在で順調にプラスで推移しているスイング+デイモデルだが、ボラティリティが高い相場では、大きく勝 …

【ブラッシュアップ】スイング+デイモデルの保守的運用方法 もっと読む »

三菱UFJ銀行へ個人が融資するファンドが1分で売れ切れ

個人が応援したい企業に手軽に融資できるクラウドファンディング。 新製品の開発費用や新しくお店を始めたい個人経営者が、クラウドを使ってお金を調達する仕組みは今や当たり前になりつつあるが、今回は何と日本を代表するメガバンクの …

三菱UFJ銀行へ個人が融資するファンドが1分で売れ切れ もっと読む »

1株単位で株が買えるなら積立投資は結構最強かも

株を買うには最低単元数というのがあり、現在は単元数が100株だ。 僕が株を始めたころは、単元数が1000株の銘柄が多かったので、株をやるにはそれなりのまとまった資金が必要だった。 しかし時代はどんどん変わる。 今や買い物 …

1株単位で株が買えるなら積立投資は結構最強かも もっと読む »

米国株は「スーパーバブル」状態で、暴落が進行中と米資産運用会社が警告

いよいよアメリカの株祭りも終焉の時がやってくるのか。 米資産運用会社GMOが、今後、米株は50%近く急落することは避けられないとの見方を示した。 更にバブルは過去1世紀で今回を含めて4回しかなく、1929年の大暴落、20 …

米国株は「スーパーバブル」状態で、暴落が進行中と米資産運用会社が警告 もっと読む »

これから相場は調整局面に入る可能性が高いが、インデックス運用している投資家には運用を続ける忍耐が求められる

NY市場は大荒れで、昨日の東京市場もその流れを引き継いで下落の流れが加速した。 日経先物はティックで800円近い下落だから、もうほとんど暴落レベル。 マーケットはいよいよ調整モードに入ったような雰囲気が日に日に高まり、米 …

これから相場は調整局面に入る可能性が高いが、インデックス運用している投資家には運用を続ける忍耐が求められる もっと読む »

これから金利がどんどん上がるので日本の銀行は今が買い時か?

米国のFRBがついにお金じゃぶじゃぶの株式市場からお金を引き上げる準備を進めている。 今までお金を湯水のように相場に注いでいたのも3月で終わり、以降は徐々にバラまいたお金を回収する時期に入る。 モルヒネ相場で狂ったように …

これから金利がどんどん上がるので日本の銀行は今が買い時か? もっと読む »

手数料が無料でチャレンジできる「一泊二日オーバーナイトトレード」

最近の証券会社の新規口座開設の7割は30代以下というから、若い人の資産運用の意識がどんどん高まっているようだ。 成人も18才からになって、証券会社の口座も親の同意がなく開設できるようになり、証券会社は虎視眈々と18歳の世 …

手数料が無料でチャレンジできる「一泊二日オーバーナイトトレード」 もっと読む »