ぷーやん について

1965年生まれ、大阪出身 米国メリーマウント大学卒業 大学卒業後、父の会社(製造メーカー)に入社し、全国の工場を渡り歩く。 赴任地は、大阪→埼玉→神戸→山形→仙台→三重→佐賀 出張先、国内は島根県を除いた全国。海外は、韓国、台湾、中国、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど 1999年不幸にも父の会社が倒産 その後、埼玉で会社勤めのサラリーマンをしながらの兼業トレーダー 当時兼業トレーダーだが、管理職でデスクワーク中心だったので、いつもこっそりと仕事中にトレード 毎日同じ顔を見て、同じ時間に、同じ事を繰り返す毎日に辟易していたのと、その頃はトレード収入がすでに会社から貰う給料を大きく上回っていたので、これ以上仕事を続ける理由が見当たらず仕事を辞める。 最初は、トレードのやり方がわからなくて、書籍、商材、セミナーと手当たり次第に購入し勉強する。その額、数百万円以上。 しかし、机上で勉強したくらいで相場は簡単に勝たせてくれず、やればやるほど負けが膨らむ。 1999年~2000年のITバブルでソフトバンクや光通信を何も考えずに買いまくり、最後は大損をこいてしまう。 その後相変わらず相場にボコボコにされながらも、リベンジを誓い連日15時間以上パソコンに向かって検証し続ける。 現在は複数の市場、手法を織り交ぜた独自のポートフォリオを開発し、安定した収益を実現。

家族の給付金をネコババしてやろうと思ったがチェックが厳しすぎて諦めた

家族の給付金をネコババしてやろうと思ったがチェックが厳しすぎて諦めた

コロナの影響で消費が大きく落ち込んでいたが、最近急回復している。

最大の理由は一人10万円の給付金によるもの。
我が上尾市もようやく給付金の支給があり、先日無事に家族全員分振り込まれた。全国的にも8割程度は支給されたようだ。

続きを読む

日銀の株はジャスダック市場に上場して誰でも買うことができる

日銀の株はジャスダック市場に上場して誰でも買うことができる

膨大な国債や日本株の買い上げで、異次元の金融緩和のアクセルを踏み続ける日銀。

少しでも金利が上がるとたちまち債務超過の恐れすらある日銀のバランスシードだが、日銀法に基づく認可法人である日銀が株を発行しているのを知っている人は少ない。

続きを読む

ZOOM居酒屋でトレード談話

ZOOM居酒屋でトレード談話

ZOOMは今や必須の会議システムになったが、一番素敵に思うのは気軽に居酒屋気分で集まって話できることである。

いちいち会費いくらと集めることも不要で、お酒を飲めない人はお茶で十分だし、がっつり飲みたい僕のようなタイプは、PCの前に缶ビールとワインをずらりと並べてミーティングに挑む。

続きを読む

ブレイクアウトシステム

ブレイクアウト手法は昔からある伝統的な手法だが、相場の流れに乗るという意味では一番適した手法である。

最大のメリットは相場が上昇トレンドでも下落トレンドでも上下関係なく、トレンドさえ発生すれば大きな利益を得ることができるということだ。

続きを読む