ぷーやん

1965年生まれ、大阪出身 米国メリーマウント大学卒業 大学卒業後、父の会社(製造メーカー)に入社し、全国の工場を渡り歩く。 赴任地は、大阪→埼玉→神戸→山形→仙台→三重→佐賀 出張先、国内は島根県を除いた全国。海外は、韓国、台湾、中国、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど 1999年不幸にも父の会社が倒産 その後、埼玉で会社勤めのサラリーマンをしながらの兼業トレーダー 当時兼業トレーダーだが、管理職でデスクワーク中心だったので、いつもこっそりと仕事中にトレード 毎日同じ顔を見て、同じ時間に、同じ事を繰り返す毎日に辟易していたのと、その頃はトレード収入がすでに会社から貰う給料を大きく上回っていたので、これ以上仕事を続ける理由が見当たらず仕事を辞める。 最初は、トレードのやり方がわからなくて、書籍、商材、セミナーと手当たり次第に購入し勉強する。その額、数百万円以上。 しかし、机上で勉強したくらいで相場は簡単に勝たせてくれず、やればやるほど負けが膨らむ。 1999年~2000年のITバブルでソフトバンクや光通信を何も考えずに買いまくり、最後は大損をこいてしまう。 その後相変わらず相場にボコボコにされながらも、リベンジを誓い連日15時間以上パソコンに向かって検証し続ける。 現在は複数の市場、手法を織り交ぜた独自のポートフォリオを開発し、安定した収益を実現。

【システマチックな株運用法】三和ホールディングス

今回の運用モデルのご紹介は、最高益更新中の「三和ホールディングス」 シャッター、スチールドアで国内トップの三和シヤッター工業を中核事業会社とする総合建材グループだ。 産業用ドア、ガレージドアなどでそれぞれ現地で高いシェア …

【システマチックな株運用法】三和ホールディングス もっと読む »

為替相場の目利きの天才であるニトリの社長がプロに任せた途端に予想が外れる

通期で36期連続の増収・増益を目指しているニトリだが、どうも雲行きが怪しくなってきた。 商品の9割を海外で採算するニトリは、円安や物流費の高騰で直近の4半期で純利益が14%も下落。 一番大きな原因として、似鳥社長は為替の …

為替相場の目利きの天才であるニトリの社長がプロに任せた途端に予想が外れる もっと読む »

スイスフランが2015年のスイスフランショック以来の高値に到達しパリティへ

スイスフランがユーロに対し大きく上昇している。 レートはついにパリティ(1ユーロ1スイスフラン)の水準に到達し、これは世界中のFXトレーダーと証券会社を地獄へ突き落した2015年1月のスイスフランショック以来の水準だ。↓ …

スイスフランが2015年のスイスフランショック以来の高値に到達しパリティへ もっと読む »

2050年までに温暖化ガス0にするなら世界の原発を2倍にする必要がある

今はエネルギー不足でどこの国も「温暖化ガスゼロ」などというファンタジーな事を言う国は無くなった。 ヨーロッパでも「温暖化ガスゼロ」に対して急先鋒のドイツでさえ、ロシアにガスを止められ、ガンガンと温室ガスをまき散らす石炭火 …

2050年までに温暖化ガス0にするなら世界の原発を2倍にする必要がある もっと読む »

【ブラッシュアップ勉強会】225先物ナイトセッションモデル

直近の225先物のナイトセッションのモデルがかなりうまくいくのでご紹介しようと思う ナイトセッションが始まった当初は流動性が低く、値段の付き方の隔たりが大きいのでデータの信頼性に欠け、ナイトセッションに関しては安定したモ …

【ブラッシュアップ勉強会】225先物ナイトセッションモデル もっと読む »