ぷーやん

1965年生まれ、大阪出身 米国メリーマウント大学卒業 大学卒業後、父の会社(製造メーカー)に入社し、全国の工場を渡り歩く。 赴任地は、大阪→埼玉→神戸→山形→仙台→三重→佐賀 出張先、国内は島根県を除いた全国。海外は、韓国、台湾、中国、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど 1999年不幸にも父の会社が倒産 その後、埼玉で会社勤めのサラリーマンをしながらの兼業トレーダー 当時兼業トレーダーだが、管理職でデスクワーク中心だったので、いつもこっそりと仕事中にトレード 毎日同じ顔を見て、同じ時間に、同じ事を繰り返す毎日に辟易していたのと、その頃はトレード収入がすでに会社から貰う給料を大きく上回っていたので、これ以上仕事を続ける理由が見当たらず仕事を辞める。 最初は、トレードのやり方がわからなくて、書籍、商材、セミナーと手当たり次第に購入し勉強する。その額、数百万円以上。 しかし、机上で勉強したくらいで相場は簡単に勝たせてくれず、やればやるほど負けが膨らむ。 1999年~2000年のITバブルでソフトバンクや光通信を何も考えずに買いまくり、最後は大損をこいてしまう。 その後相変わらず相場にボコボコにされながらも、リベンジを誓い連日15時間以上パソコンに向かって検証し続ける。 現在は複数の市場、手法を織り交ぜた独自のポートフォリオを開発し、安定した収益を実現。

過去50年以上利益を出しているトレンドフォロー型ドテンモデルの恐るべし堅牢性

下のグラフは1965年からの日経平均株価のチャートだ。 1965年1月6日の日経平均株価は1264円。その後1989年12月29日の大納会で3万8916円の最高値を記録し、その後転がり落ちるように30数年間に渡り、1円も

過去50年以上利益を出しているトレンドフォロー型ドテンモデルの恐るべし堅牢性 Read More »

なんちゃってデイトレ、フォワード成績5ヶ月連続プラス継続中

「なんちゃってデイトレード・寄り引け版」が好調に推移している。 昨年の9月からフォワードテストを開始して、現在のところ、5ヶ月連続でプラスの成績を継続中だ。 日本株を寄り付きで仕掛けて、大引けで決済するデイトレード手法で

なんちゃってデイトレ、フォワード成績5ヶ月連続プラス継続中 Read More »

幻のSQから始まった怒涛の上昇相場に待ち受ける暴落の恐怖

今年に入り相場は、幻のSQから始まった怒涛の上げ相場でスタートしている。 今日現在まで日経平均は3万7000円に向かってさらに上昇を続け、このままで行くとついに34年ぶりのバブルの最高値を更新するような勢いである。 一体

幻のSQから始まった怒涛の上昇相場に待ち受ける暴落の恐怖 Read More »

2023/11月の成績

11月は中盤までは上昇トレンドが続いていたが、その後急速に下落トレンド入りし、12月に入ってからは、連日乱高下のジェットコースター相場が続いている。 このまま日経平均先物は、大きく下落する雰囲気が満々なのだが、米国市場が

2023/11月の成績 Read More »

現金を溜め込んで暴落を待っている投資家は上昇する相場に昼寝を決め込んでいる

前回の記事でも書いたが、相変わらずマーケットは暴落の兆候が出ずにずるずると上がっている。 コロナ後のお金がじゃぶじゃぶと溢れ返っている株式市場が、そろそろパンパンに膨らんできて、針の一刺しで一気に破裂するという状況には変

現金を溜め込んで暴落を待っている投資家は上昇する相場に昼寝を決め込んでいる Read More »

暴落を待っているのに上がり続ける株式市場の謎

株価の上昇が止まらない。 米国金利が5%に到達し、株の暴落に備えてせっせと現金を溜め込んでいるバフェットのポジションを見てもわかるように、これから株式市場は大変な状況になると僕も思っている。 しかし現実は全く逆のことが起

暴落を待っているのに上がり続ける株式市場の謎 Read More »

バフェットの買っている銘柄をマネしても決して儲からない理由

投資の神様と言われているウォーレン・バフェットを信望する多くの投資家は、その成功の鍵を解き明かそうと、彼の投資先に群がる。 しかし、バフェットの真髄は、単なる銘柄の選定にあらず。その運用の奥義は、賢者の如くキャッシュフロ

バフェットの買っている銘柄をマネしても決して儲からない理由 Read More »