ぷーやん について

1965年生まれ、大阪出身 米国メリーマウント大学卒業 大学卒業後、父の会社(製造メーカー)に入社し、全国の工場を渡り歩く。 赴任地は、大阪→埼玉→神戸→山形→仙台→三重→佐賀 出張先、国内は島根県を除いた全国。海外は、韓国、台湾、中国、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど 1999年不幸にも父の会社が倒産 その後、埼玉で会社勤めのサラリーマンをしながらの兼業トレーダー 当時兼業トレーダーだが、管理職でデスクワーク中心だったので、いつもこっそりと仕事中にトレード 毎日同じ顔を見て、同じ時間に、同じ事を繰り返す毎日に辟易していたのと、その頃はトレード収入がすでに会社から貰う給料を大きく上回っていたので、これ以上仕事を続ける理由が見当たらず仕事を辞める。 最初は、トレードのやり方がわからなくて、書籍、商材、セミナーと手当たり次第に購入し勉強する。その額、数百万円以上。 しかし、机上で勉強したくらいで相場は簡単に勝たせてくれず、やればやるほど負けが膨らむ。 1999年~2000年のITバブルでソフトバンクや光通信を何も考えずに買いまくり、最後は大損をこいてしまう。 その後相変わらず相場にボコボコにされながらも、リベンジを誓い連日15時間以上パソコンに向かって検証し続ける。 現在は複数の市場、手法を織り交ぜた独自のポートフォリオを開発し、安定した収益を実現。

未曽有の株式フィーバーの宴の後に来る恐怖に気を付けよう

今年もいよいよ師走になったが、株式フィーバーは息切れすることなく続いている。

ワクチンが出来てすぐに出荷できると聞いて株が上がり、いややっぱりもう少し時間が掛かりそうだと聞いて株が下がる。
今の市場の関心ごとは言うまでもなくワクチンのようだ。

続きを読む

運用モデル

個別株、ETF、先物、仮想通貨などマーケットのジャンルに応じた最適な運用モデルを構築。(2020年11月現在)

11月はマーケット全体が爆上げし、まれにみる上昇率だった。

最近の相場環境は、緩和マネーで溢れかえりどんどんと過去に見られた値動きパターンから乖離しているのがありありとわかる。

トレンドがはっきりと出ているので、中でもブレイクアウト系のビットコインは絶好調だった。

こういう相場では逆張り系が苦戦するのだが、逆にうまく押し目を拾えたようでどのモデルも調子が良かった。

ヘッジモデルは、相場のトレンドに関係なく今月も安定して利益が出ているので、安心感がある。

続きを読む