投資手法

少額での投機なら仮想通貨のレバレッジ取引で夢を見るのも良い

今回は投資ではなく投機の話。 資産運用では投機はご法度である。 投資は良いが、投機はダメだ。絶対にダメだ。身を亡ぼすぞ。 と当たり前のように刷り込まれているが、そもそも全財産を投機に回せばそれは明らかにやってはいけない事 …

少額での投機なら仮想通貨のレバレッジ取引で夢を見るのも良い もっと読む »

日経平均が直近値幅の半値まで到達し、「半値の法則」で一旦リバウンドの確率が高くなる

直近の値幅に対して半値まで戻すと、そこが一旦反発するポイントなる「半値の法則」。 いろいろなマーケットで見られるかなり確率の高い反転ポイントである。 8月20日に底を付けた株価が26594円から9月14日の30795円ま …

日経平均が直近値幅の半値まで到達し、「半値の法則」で一旦リバウンドの確率が高くなる もっと読む »

日銀砲が再び発射されたが株価は戻らず大きく下落した日経平均。今後の株価の行方はどうなる

昨日はNYからの下落の流れを東京もそのまま引き継ぎ、前日比-681円安で終了した。 下落率は実に2.31%という大きなものだった。 前場終了時に前日比で2%を超える下落があれば、午後から日銀砲が発射されるのがマーケットの …

日銀砲が再び発射されたが株価は戻らず大きく下落した日経平均。今後の株価の行方はどうなる もっと読む »

長期のインデックス運用が資産運用の王道と言われ、猫も杓子もインデックスのETFを買っているが、僕が目先の短期運用にこだわる理由は未来の株価なんて誰にも分らないからだ。

長期のインデックス運用が資産運用の王道と言われ、猫も杓子もインデックスのETFを買っている. 特にインデックスETFは大人気で、どこまでも続く右肩上がりのチャートを眺めては、勝手に未来の数十年後の株価をイメージしている。 …

長期のインデックス運用が資産運用の王道と言われ、猫も杓子もインデックスのETFを買っているが、僕が目先の短期運用にこだわる理由は未来の株価なんて誰にも分らないからだ。 もっと読む »

225先物は月末は下がるので、月末のデイトレの買いはやらない方が良いという検証結果が明らかに

225先物のデイトレ―ドしているトレーダーは多いと思うが、月末の買いはやらない方が良さそうだという検証結果が明らかになった。 1日で売買を完結させ、翌日にポジションを持ち越さないデイトレードは、時間というリスクを極力排除 …

225先物は月末は下がるので、月末のデイトレの買いはやらない方が良いという検証結果が明らかに もっと読む »

米国の株価の上昇はほとんど11月~4月の間で起こっているというウソのような本当の話

株式市場には昔から季節性というアノマリーが伝えられている。 季節性とはシーズナルと呼ばれ、株価の値動きが明らかなパターンを繰り返す特定の時間枠の事をいう。 シーズナルは、気象イベントからカレンダーイベントまでさまざまだが …

米国の株価の上昇はほとんど11月~4月の間で起こっているというウソのような本当の話 もっと読む »

毎月配当を受け取る株式投資法というアイデア

毎月、株の配当で生活しているという投資家がいるという。 高配当株を主体とし、生活費も車の購入も全て配当金からまかなっているという66歳の個人投資家だ。 大きな資産を持っている投資家は、株価の上げ下げでなく、配当だけを目的 …

毎月配当を受け取る株式投資法というアイデア もっと読む »

順張りは運用が難しいが暴落にはめっぽう強い

株や先物の短期売買は、圧倒的に逆張りが有利だ。 超簡単に行ってしまえば、今日相場が上がれば明日は下がるし、今日下がれば明日は上がる。 これを長期間続けると最終的には誰でも勝てる。 と聞くと、ホンマかいな?と言われそうだが …

順張りは運用が難しいが暴落にはめっぽう強い もっと読む »