江戸時代の日本で、ガイジンは金のアービトラージで大儲けしていた

Last Updated on 2023年8月29日 by ぷーやん

江戸時代の末期、アメリカからペリーの黒船がやってきて、日本は長い鎖国時代の終わりを迎えた。

開国の影響が凄まじかったのは、何と言っても日本国内の金が大量流出したことだろう。

当時日本と欧米諸国では、金銀の交換比率が違っていた。

日本では、「金1に対して銀5」で交換されていたが、欧米では「金1に対して銀15」で交換されていたのである。

つまり、欧米諸国では、金がより高い価値を持っていた。

今で言うところの、めちゃくちゃおいしいアービトラージの機会が野ざらしにされていることをガイジンは見つけてしまった。

もちろん、この交換比率の違いに目をつけたガイジンは、濡れ手に泡で、日本の金を買い漁った。

自国から銀貨を持ってきて、日本で1分銀と交換し、その1分銀を今度は金の小判と交換する。

その小判を中国に輸出するだけで、簡単に3倍の利益を上げることができたのだ。

当時の中国では、既に欧米の金融機関が進出しており、日本の金を欧米の相場で買い取ってくれたので、わざわざ金を欧米に持ち帰る必要さえなかったのだ。

この方法で、外国商人たちはがっつりと金を手に入れることができたのである。

金が大量に日本から流出すれば、日本の貨幣制度が混乱してしまう。

その頃、欧米では、イギリスが金本位制を取り入れ、他の国もそれに追随しようとしていた。

金こそが「貨幣通貨の基準」になろうとしていたのだ。

金をより多く保有したものが、「金持ち」と言うことになる。

国際的に価値のある金が大量に流出する事は、「国際経済の中での日本」と言う立場においては、非常にまずい状況である。

幕府の官僚たちも、このことに気づいたが、後の祭りだった。

欧米諸国と日本は、最初に「金銀の交換は日本の交換比率で行う」と言うことを決めていた。

その時すでに100万両に及ぶ金が流出していたとも言われている。

相場のことなど何も知らない当時の幕府は本当にアホだったのだろう。

嗚呼、江戸時代に行きたい。

今日もお越し下さりありがとうございます
応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング

運用に役立つ内容が満載です。まだメルマガ登録していない方は今すぐご登録を!
投資手法を詳しく解説したバックナンバーも全て無料で読めます。

メルマガ詳細


【勉強会のご案内】

不定期で資産運用の勉強会を開催しています。

株、ETF、先物、FX等、ジャンルに関わらず、収益機会があればどんな金融商品にも積極的に投資を行い、相場をATMにすることを目的とします。

安定的に最高のパフォーマンスを継続させるには、運用モデルの開発やブラッシュアップを絶えず行う必要があり、新しいアイデアや運用モデル、マーケット情報を勉強会のメンバーと共有します。

勉強会の開催は随時ブログでご案内しますので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

現在開催中の勉強会はこちら

 

【Youtubeチャンネルのお知らせ】

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

目からウロコの新着ブログ記事はここをクリック

———————————————————————-
(Visited 112 times, 1 visits today)