相場は僕のATM!?

会社へは来るなと上司、行けと妻

コロナで広がったテレワークは、夫婦間で微妙な影響を及ぼしているようだ。

家庭と職場で板挟みになるサラリーマンの悲哀。

嗚呼、なぜこうも世の中はうまく行かないのだろうか

「会社へは 来るなと上司 行けと妻」

恒例のサラリーマン川柳コンクールの人気NO1に選ばれた詩だが、世の中はこのようなお父さんで溢れているのだろうか・・

しかし最近散歩をしているとある異変に気が付いた。

中年の夫婦や老夫婦が仲良く手を繋いで歩いている姿をよく見かけるのだ。

コロナ前までは中年夫婦が手を繋いで歩くということなど決してお目にかかることは無かったが、コロナで夫婦が一緒に過ごす時間が増えたことが影響しているのだろうか?

海外では老夫婦が中むつまじく手を繋いで歩いている姿はごく当たり前の光景だが、まさか男尊女卑の文化が色濃く残る日本で、夫婦が手を繋いで歩くようになるなんてなんだか嬉しくなった。

「よっ、いいぞー、父ちゃんと母ちゃん。お似合いだぞー」とすれ違いざまに心の中でお声掛けをする。

渋谷や新宿では、若いカップルが夏のクソ暑い日でもべったりとくっついているのは当たり前の光景だが、年を取ってべったりとする夫婦も素敵ではないか。

僕の知人でルビーを販売している方は、海外に出張する度に空港でこんな光景をよく見かけるという。

 

「会社へは 来るなと上司 行けと妻」とは、サラリーマンの哀愁を唄ったものだが、「がははは、そーだよなー。わかるわかる」と笑い飛ばしているあなた。

そっと奥さんの手を繋いでみてはいかがだろうか?

まるでウンコが手に付いたようにバチンを振り払われる可能性もない事はないが、一度勇気を振り絞ってやってみよう。

その後、何が起こっても知らんが・・・

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです

応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村