2つの移動平均を使った順張り&逆張り投資手法

Last Updated on 2023年6月16日 by ぷーやん

前回は移動平均を使った逆張り投資手法をご紹介した。

移動平均を使うだけで儲かるFX投資手法のご紹介

トレンドを見分けるには移動平均が最適だが、移動平均というのは、実際の値動きに対して必ず遅行するので、移動平均が上昇トレンドを描いてきた時には、すでにその時点で天井だったりする。

移動平均のトレンド転換で順張りでなく、あえて逆張りの方がうまくいくのは、こうした移動平均の遅効性が大きく影響している。

株でも同じだが、単純な移動平均を使ったトレンドに乗る順張り手法があまり機能しないのは、こうした理由がある。

しかし大きな利益を得るには、やはり大きなトレンドに乗る必要があるので、その為にはどうしても順張りでうまく乗れるエントリーもしたい。

ならば、いっそのこと順張りと逆張りを移動平均を使って同時に走らせてしまえば良い。

といって、そんな簡単にできるものか疑問に思う人も多いだろう。

そこでこの問題を解決する方法として僕が考えたのは、それぞれ長さの違う移動平均を2本使うことである。

使用する時間足は1時間足。

1つは15期間、もう一つは100期間の移動平均を使用する。

順張りと逆張りのエントリーについては、単純に移動平均のトレンドの転換点でエントリーする。

順張りの場合は、移動平均が下落から上昇トレンドに転換した時にロング(ショートは逆)、逆張りの場合は、移動平均が下落から上昇トレンドに転換した時にショート(ロングは逆)する。

順張り用として使うのが15期間で、逆張り用として使うのが100期間の移動平均。

つまり期間の違う2つの移動平均を使い、それぞれ順張り用と逆張り用に使い分けするわけである。

ではドル円の1時間足で検証してみよう。
2023/6~2023/1

逆張り(100A)

一応右肩上がりだが、かなり微妙な感じ。

そこで順張りを入れて組み合わせてみるとこうなる

順張りを入れたことで、損益カーブがかなり改善された。

このように順張り、逆張りを組み合わせて使うと、エントリーが分散され、それぞれの違う長さの移動平均を使うので、相関がなくリスクも分散されるようだ。

トレードのヒントになれば幸いである。

今日もお越し下さりありがとうございます
応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング

運用に役立つ内容が全て無料で読めます!まだメルマガ登録していない方は今すぐご登録を!
投資手法を詳しく解説したバックナンバーも全て無料で読めます。

メルマガ詳細


【勉強会のご案内】

不定期で資産運用の勉強会を開催しています。

株、ETF、先物、FX等、ジャンルに関わらず、収益機会があればどんな金融商品にも積極的に投資を行い、相場をATMにすることを目的とします。

安定的に最高のパフォーマンスを継続させるには、運用モデルの開発やブラッシュアップを絶えず行う必要があり、新しいアイデアや運用モデル、マーケット情報を勉強会のメンバーと共有します。

勉強会の開催は随時ブログでご案内しますので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

現在開催中の勉強会はこちら

 

【Youtubeチャンネルのお知らせ】

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

目からウロコの新着ブログ記事はここをクリック

———————————————————————-

(Visited 223 times, 1 visits today)