個別株ヘッジモデル

個別株ヘッジモデルは個別株を単独で運用するのではなく、常に暴落に備えてヘッジをしながら運用するデイトレモデル。

翌日のポジションの持ち越しは無く、マーケットの暴落をヘッジすることで安定した運用が可能。

発注は朝の寄り付きに成行注文し、決済は当日の大引け。
トレードは毎日行う。

以下は個別株でヘッジしたほんの一例で、これら以外の個別株にも適用可能。

トヨタ自動車(資金35万)

損益+1,792,749円
勝ち1155
負け1022
勝率53.1%
MDD-108,055円
PMレシオ16.6
#レシオ0.09
月数112
投資資金350,000
平均年利(単利)+56.4%

2020年月別損益 単位:円

2020/1+18,995
2020/2-12,440
2020/3+242,910
2020/4+20,550
2020/5+14,040
2020/6+53,450
2020/7+7,220
2020/8-28,490
2020/9-450

東京ガス(資金30万)

損益+978,280円
勝ち1165
負け1006
勝率53.7%
MDD-139,164
PMレシオ7.0
#レシオ0.08
月数112
投資資金300,000円
平均年利(単利)+36.1%

2020年月別損益 単位:円

2020/1-7,905
2020/2-12,790
2020/3+184,210
2020/4-56,850
2020/5+33,340
2020/6+39,150
2020/7-36,380
2020/8+2,560
2020/9-9,550

ソフトバンクグループ(資金45万)

損益+1,226,828円
勝ち1174
負け1017
勝率53.6%
MDD-229,810
PMレシオ5.3
#レシオ0.08
月数112
投資資金450,000円
平均年利(単利)+30.9%

2020年月別損益 単位:円

2020/1-12,545
2020/2-14,240
2020/3+146,110
2020/4+64,150
2020/5+71,840
2020/6+5,170
2020/7-7,980
2020/8+19,510
2020/9-66,950

トレード手法について