緊急事態宣言が更に1か月延長して、これ以上の巣篭りに人は耐えられるのか?

緊急事態宣言が更に1か月延長して、これ以上の巣篭りに人は耐えられるのか?

緊急事態宣言が更に一カ月延長か・・

緊急事態宣言が更に1か月延長して、これ以上の巣篭りに人は耐えられるのか?

自粛と言う名の「忖度しておとなしく家にすっこんでろ」という本音が見え隠れする、日本独特のお願い文化が更に延長されることになった。

感染者が一向に減る気配が無いというのが理由だが、重箱の隅を突き、誰も責任を取らない日本の組織社会において、緊急事態宣言が解かれる日などしばらく来ないかもしれない。

ホントにこのままじゃ経済ヤバいし、国庫のお金も底が尽きたし、今後倒産する会社が莫大な数に上るだろう。

皆さん、家で真面目にテレワークしていますか?

新聞の広告欄を見ていると、最近やたらに投資関係の書籍の広告が目に付く。

家に居てもお金を稼ぐ手段を考えないとダメだと考えている人が多く、その手段として相場で稼ごうと思う人をターゲットにしているのだろう。

「大荒れ相場の今こそ読みたい!、マネー戦略の名著」と大きな見出しで、「デイトレード」、「株式投資の未来」、「ウォール街のランダム・ウォーカー」、「勝者のゲーム」、等々の名著かどうかわからないが、いろいろなタイトル本が並んでいる。

これらの本は全て持っているが、どの本も最近ではなく5~10年以上も前に出版された本ばかりなので驚いた。

今のこの時期においても、最近よくある「1億円儲けました!」本ではなく、昔の本を紹介しているという事は、もう相場においては書くことが無くなってしまったのだろうか?

それとも相場自体がより予想不可能なカオスの領域に達し、相場で儲ける事自体が不可能になったのだろうか?

みなさん家で何してますか?真面目にテレワークしてるんですかね?もうそろそろ飽きてきていませんか?

僕がサラリーマンでテレワーク状態なら、おそらく最初の3日だけは真面目にやるかもしれないが、以降は真面目にやったフリだけして、リビングのソファーに寝ころびながらスマホをいじったり、ネットフレックスを1日見て過ごしていることであろう。

地球から消え去ってもらいたい中国共産党

しかしこうなった一番の原因は、何といても中国共産党のコロナウィルスに関する情報隠蔽のせいだ。

世界をこんな未曽有の危機に陥れた罪は極めて重く、マスクや医療機器を世界にばらまいたくらいで済む問題ではない。しかも送った医療機器はウィルスが付着したり、粗悪品で使い物にならなかったりのチャイナクオリティーである。

僕も中国人の友達はいるが、友人レベルでは大変良い人が多いが、中国共産党は別物である。

1日も早く地球から消え去ってもらいたいと強く思っている。

世界はようやく中国共産党が極悪人だと気が付いた

中国共産党が如何にあきれた行動をしているかを世界はようやく気付きだした。

中国に対していまだに忖度している日本のマスコミでさえ、ようやく中国共産党のあきれた行動を記事にしている。

中国共産党はWHOを始め、国連や人権団体など世界規模でこうした組織に深く入り込んでおり、札束で頬を叩いて、これらの組織のトップに次々と中国人や中国の息の掛かった人物を送り込んでいる。

WHOのテドロスなどは、今や世界中で「すぐ辞めろ」コールが渦巻いている。

これは麻生副総理が、中国の犬と化したWHOに対し、台湾の参加を未だに排除していることに対し苦言を呈しているのを、世界では大きく取り上げている。

更に香港の記者が、台湾のWHOへの参加について再考しないのかとの質問をしたとき、WHOの理事が「えっ、あんたの言ってること聞こえまへんな」と無視し、最後は通話を一方的に切るという信じられない暴挙まで起こしている。

アメリカのFOXでもこの動画を大きく取り上げ、アナウンサーはWHOの対応に激怒している

もう自由に世界を旅することがしばらくできなくなると思うと悲しくなる

僕のように世界を旅行するのが趣味な人にとっては、非常事態宣言が解除されても、当分は海外に出かけることはできないだろう。

コロナで騒ぎ出した3月には、弟のいるバンコクへ遊びに行く予定をしていたがキャンセルした。

世界では徐々にロックダウンが解除されていくだろうが、ヨソの国の人間を自由に受け入れる体制になるには、心理的な不安もありかなり時間がかかるはずである。

リーマンショックの頃は、まだスマホを使っている人などほとんどいなかったが、今や世界中の人が手にスマホを持って情報を共有している時代。

一つのデマ情報が致命的になり、益々世界から人を寄せ付けなくなる恐れもある。

いやはや、大変な時代になったものだ。

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです。

人気記事

コロナ相場が待ち遠しくなるVIX(恐怖指数)でヘッジする最強のトレード手法

システムトレードを使った投資手法で資産運用する

運用成績

セミナー、トレードシステムのお申込みはこちら