老後資金を貯める方法

老後資金を貯める方法

少ない資金で不動産投資ができる罠

老後資金に不安がないという人は限られているだろう。

消費税も上がり、わずかな給料からやりくりしないといけない多くの人は、稼ぐという発想はなく、いかに財布からお金が出て行かないかを考える思考に染まっている。

それでも少しばかりの蓄えのある人なら、老後資金に何らかの資産運用をしてお金を増やそうと考える。

僕のような相場の世界にいる人間でなく、一般の人が考える手堅い資産運用として不動産投資を考える人は極めて多い。

中でも貯金が少ない年収400万~500万円程度の層に多いのがワンルームマンションへの投資だ。

悪い不動産会社はこうした人達をターゲットに購入資金を貸し出す金融機関まで紹介して、人気のない物件を売りつけようとする。

株よりワンルームマンションの方が安全?

株式投資に比べてワンルームマンションの投資が手堅く見えるというのが良くわからない

株は沢山の銘柄に分散投資できるが、ワンループマンションは一棟買いでもしない限り、区分所有ではヘッジが効かず、空室のリスクもあるし、売りたいときに必ず買い手がいるとも限らない。

買ったはいいが、入居者がなかなか決まらず、銀行の支払いに追われ、ついに売る決心をしても、その物件は誰にも見向きもされない。

保有しても地獄、大きく値引きして売っても地獄。

資産運用の初心者が老後資金に不動産に手を出すよりも、株などの分散できる金融資産で運用するのが良いと思うのだが、そうは思わない人が多いのだろう。

株とワンルームマンション、あなたならどちらで運用するだろうか?

関連記事

(Visited 1 times, 1 visits today)