相場のスティーブジョブズ「レイ・ダリオ」

相場のスティーブジョブズ「レイ・ダリオ」

アメリカ大統領も知っている投資界のスーパースター

投資界のスティーブジョブズの異名を持ちながら、普通の人は全くその名前を聞いたことのない人物がいる。

「レイ・ダリオ」という人だ。

この人はまさに相場のスーパースターで、世界中の経済界のリーダー、FRBの議長、投資銀行の社長、アメリカ大統領は、みな「レイ・ダリオ」を知っている。

レイ・ダリオが毎週執筆する経済レポートを読んでいるからだ。

米国政府が今後の経済方針を決める際にはレイ・ダリオの意見を参考にすると言われている。

20年間で損失を出したのはわずか3年

レイ・ダリオは世界最大のヘッジファンド「ブリッジウォータ」の創業者で、政府、年金、保険会社の資産も運用し、その運用残高は日本円で17兆円という天文学的な数字。

以前このファンドへの投資資格は、5,000億円以上だったが、現在は新規投資すら認めていないとのことだ。

このファンドがどうして世界最高のファンドと呼ばれているかは、過去の驚くほどの安定感と実績を見れば明らかだ。

過去20年間で損失を出したのはわずか3年で、年間の平均リターンは21%を叩き出す。

米国の滅茶苦茶値動きの激しい株式相場にも関わらずである。

株式投資は、世界最強のプレーヤーを集めたポーカー・ゲーム

レイ・ダリオは、「金儲けができると、まず信じることだ。ただし株式市場を負かすと思って投資してはダメだ」という。

そして「株式投資は、世界最強のプレーヤーを集めたポーカー・ゲームのようなものだ」とも。

株式市場は負けた人からのお金が利益になるゼロサムの世界。

証券会社の無料セミナーに行き、老後資金2000万円の必要性をちらつかされ、すっかりその気にさせられ、簡単に株を買おうとしているあなた。

普通の人は簡単に手を出さない方が良いとレイ・ダリオも言っている。

関連記事

相場は僕のATM!?
1970.01.01
相場は僕のATM!?
https://macasset.com/2019/09/18/%e5%9b%bd%e3%81%ae%e5%8b%a7%e3%82%81%e3%82%8b%e8%b3%87%e7%94%a3%e9%81%8b%e7%94%a8%e3%81%a7%e8%80%81%e5%be%8c%e8%b3%87%e9%87%91%e3%82%92%e7%a8%bc%e3%81%90%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e3%81%ae%e3%81%af/