何でこんなに株が上がっているのかわからない

株が狂ったように上がっている。
日経平均株価は数日で1,800円以上も上昇し、NYダウは史上最高値を更新した。

何度も言うがこれは経済の見通しが良くなったからではなく、ただの金余りのバブルであるということだ。

マーケット関係者でさえ首をかしげる最近の株の上昇だが、はてさてこの動きがいつまで続くのかは疑問である。

日経平均が29年ぶりに高値を更新したと興奮しているようだが、逆に言えばこの29年間、日本の株式市場はずっと沈みっぱなしだったという事で、29年も掛かってようやく株価が戻っただけである。

NYダウも大きく上げたが、日中の動きをよく見ると寄付きで大きくギャップアップしたものの、その後の値動きは冴えないどころか下がっている。

ナスダックの下げはもっときつい

みんな金から株へ切り替えたのだろうか、金は大きく下げている

昨日のNYの爆上げは製薬会社のファイザーのワクチン開発が材料だったようで、マーケット開始直後にあまりに多くの注文が殺到したため、シュワブやEトレードなど主要証券会社のサーバーが軒並みダウンしたほどの凄まじさだったようだ。

バイデンが大統領になったら、10年間で1000兆円の巨額の財政投資を行うという。

まさに気が遠くなるような金額だが、こんなに大きな政府になって米経済がまともに復活するとは思えない。

バイデンに祝辞を送ったヨーロッパの首脳達は一斉に「アメリカよ、お帰りなさい」と歓迎ムードで溢れていたようだ。

僕も一言・・

「トランプよ、お帰りなさい」

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです。

人気記事

コロナ相場が待ち遠しくなるVIX(恐怖指数)でヘッジする最強のトレード手法

運用モデルについて

旧ブログ(2019年10月以前の記事)