相場は僕のATM!?

中国系ファンドが新聞輪転機のシェア4割の東京機械の株を買い占め。朝日、読売、日経などの全国紙にも中国共産党の魔の手が忍び寄る

東京機械と言う会社の株が仕手化してお祭りになっている。

中国系のファンドに大量に買占められているのだ。

同社は新聞輪転機のシェア4割を誇るメーカーで、全国紙の読売、朝日、日経を始め、各地の地方紙など多くの新聞社へ輪転機を設置している。

輪転機は新聞社にとっては最重要なインフラで、軽微な故障等は自社で対応できるが、重度の故障や大規模な整備とな ると輪転機メーカーの協力が欠かせない。

もし中国系の会社に乗っ取られたりすると、新聞各社の印刷・生産体制は致命的な打撃を受けるだろう。

日本の新聞社は非上場で、外部が敵対的買収をすることは事実上不可能だが、まさか新聞社に収めている輪転機メーカーを買収するとは、完全な盲点であろう。

日本のマスコミへも戦略的に影響力を及ぼし始めている中国、恐るべし・・・

今度の総理大臣は、中国とガンガン喧嘩ができる人になってもらいたい。

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです

応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

(Visited 68 times, 1 visits today)