海外で夢の年金生活ができなくなる悲劇

今朝の日経で「マレーシア長期ビザ条件厳しく」という記事があった.

マレーシアは長期滞在を希望する国ランキングで14年連続で首位を保ってきた大変人気のある国である.

マレーシアの外人向け長期発給ビザは大変人気で、日本のサラリーマンでも海外で年金生活できるという触れ込みで多くの人がマレーシアでの生活を楽しんでいる。

僕の友人でマレーシアの長期ビザで滞在していた人も、プール、ジャグジー、ジムの設備があるコンドミニアムに住み、優雅な生活を送っているのを見てとてもうらやましく思った。

しかしこのたびマレーシア政府のビザ取得の条件がかなり厳しくなった。

理由は国内にほとんど滞在せずに、経済成長に寄与しないビザ取得者を排除するねらいがあるようだ。

政府が今回示した条件は、ビザ取得に必要な金額が日本円で約30万円から4倍の120万円になり、更に国内の銀行に預ける定期預金額が五十歳以上で450万円から3000万へと一気に跳ね上がった。

もちろんこんな条件ではとてもではないがビザの更新をする人はほとんどいないだろうし、大半の日本人がマレーシアでの生活を諦めざるを得ない事態になってしまう。

これほどビザ取得の条件のハードルが上がると、新規申請する人もほぼいなくなるだろう。

マレーシア政府はビザ取得者からの強い懸念を受け、更新時には大半を適用しない方針に転じたようだが、新規の申請者には厳しい新料金を適用する方針は変えなかった。

せっかく定年を迎え、年金で一年中暖かいマレーシアで年金生活を老後の年金生活を送ろうとしていた人にとってはなんともショッキングなニュースである

月収120万円、プラス銀行に3000万円貯金できる人はごく一部の人に限られるので、大半のサラリーマンの人は海外での年金生活はもう夢物語に終わることになる。

日本の円が強かった時代は東南アジアでこうした夢生活は可能であったが、これからは益々日本経済の国力の低下とともに、今までのように優雅な生活を海外に送ることはますます難しくなるだろう。

果たしてこの国はこれからも世界の経済大国 No.3の座でいられるのであろうか・・・

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「2つのバナー」をポチっとしていただくと、とても嬉しいです♪

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村


先物・オプションランキング
(Visited 90 times, 1 visits today)