2024/5月の成績

Last Updated on 2024年6月3日 by ぷーやん

5月の日経平均先物の値動きは、大きなトレンドが伴わず、中途半端な値動きのレンジ相場だった。

5月初め日経平均先物は堅調にスタートしたが、5月中旬には一時的な調整局面が見られ、月末にかけては再びNVIDIAが市場を牽引し、日経平均先物も再び上昇基調に戻っている。

短期間には大きなトレンドを伴うものの、トレンドが長続きせずにすぐに切り返すというパターンで、その結果スイングモデルのような時間軸の短いトレンドフォローはうまく相場にはまった一方で、長い期間のトレンドフォローであるドテンモデルについては引き続き往復ビンタの嵐に合っている状況だ。

ドテンモデルにおいてはちょっと相場の値動きと合わない展開が続いている。大きなトレンド相場になることを期待したい。

5月の日経平均先物の動きは四角で囲んだような状態で、4万円を突破してから勢いが完全になくなり、どちらかというと下落しそうなチャートの形になっている。

「これから上がるのか、下がるのか?」という予想は意味がないが、どちらでもいいので大きく動いてくれることを期待したい。

日経VI指数

日経平均のボラティリティを表す日経 VI 指数は、24ポイントをピークにその後どんどん下がり続け、今ではすっかりとリスクオンの状態でほぼ全てのマーケット参加者が相場に強気のスタンスである。

VI 指数は底値圏にあり、これから間違いなくボラティリティは上がるはずで、恐怖指数が牙を向くのは近い。そろそろシートベルトをしっかりと腰の低い位置で閉めておこう。

5月成績

2024年 ドテン+スイングモデル(ミニ1枚)

ドテンスイング損益計
2024/1139,500-59,50080,000
2024/280,500211,000291,500
2024/3-284,000-38,500-322,500
2024/4-116,00082,000-34,000
2025/5-188,000+155,000-33,000

スイングモデル     +155,000円
ドテンモデル      -188,000円
寄り引けモデル(マザーズ)-38,000円

スイングモデル・改訂版ミニ1枚あたり

+155,000円

長いトレンドは続かなかったが、短い期間のトレンドは比較的多く発生したようで、スイングモデルは極めて大きな利益になった。

スイングモデル単体で見ると、2024年5月末の段階でドローダウンはなく過去最高益を更新している状態で、モデルの方は順調に推移している。

ドテンモデル ミニ1枚あたり

-188,000円

短いトレンドは発生しているが、長いトレンドが続かずに比較的長いポジション保有するドテンモデルにおいては、エントリーポイントが騙しになり往復ビンタを食らっている場面が続いている。

もうかれこれ3ヶ月程度ドテンモデルの方は全くいいところがなく、なんとか短期のスイングモデルでリカバリーしている状態だが、もうそろそろ長いトレンドが発生するだろう。

引き金は 日経 VI のボラティリティが今底値圏にあり、VI の上昇とともに大きな下落相場が訪れるので、その下落の流れにしっかりと乗ることができれば今までの損失を一気に挽回できるはずである。

寄り引けモデル・マザーズ先物 1枚あたり

モデル1モデル2モデル3
2024/1+32,000+3,000+6,000+41,000
2024/2+1000-21,000-47,000-67,000
2024/3+36,000-29,000+35,000+42,000
2024/4+26,000-42,000+36,000+20,000
2024/5-45,000-28,000+35,000-38,000

PS
上昇相場でも暴落相場でも相場がどちらへ行こうとも利益を出せるのはトレンドフォローモデルだけです。もう下手な逆張りで傷を広げるようなことをせずに大きな利益が期待できるトレンドフォローの運用をしませんか?詳しくはこちら

今日もお越し下さりありがとうございます
応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング

メルマガ詳細

【オンライン無料相談】

オンライン無料相談始めました。ご自身の運用についてのお悩みや、新しい運用のネタのきっかけを探しておられる方は、お気軽にご相談ください。

オンライン無料相談

【なんちゃってデイトレード】

「なんちゃってデイトレ」では、今回の記事のように海外の商品先物などをフィルタに使ったモデルを公開しています。

なんちゃってデイトレード

【勉強会のご案内】

不定期で資産運用の勉強会を開催しています。

株、ETF、先物、FX等、ジャンルに関わらず、収益機会があればどんな金融商品にも積極的に投資を行い、相場をATMにすることを目的とします。

安定的に最高のパフォーマンスを継続させるには、運用モデルの開発やブラッシュアップを絶えず行う必要があり、新しいアイデアや運用モデル、マーケット情報を勉強会のメンバーと共有します。

勉強会の開催は随時ブログでご案内しますので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

現在開催中の勉強会はこちら

Youtube

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

———————————————————————-

(Visited 84 times, 1 visits today)