NVIDIA 株、今が買い時?最高値圏でも熱狂続く理由

Last Updated on 2024年6月8日 by ぷーやん

今の株式市場で一際盛り上がっている我らがNVIDIA。

マーケットでは「神様、仏様、NVIDIA様」ともてはやされ、もはや「最高値圏」なんて言葉では収まりきらないほどの勢いである。

まるでオリンピックで金メダルを取り続けるアスリートのように、NVIDIAは常にトップを走り続けている一方で、「これはただのバブルだ」と言う人もいるが、驚くべきことにその意見は少数派のようだ。

実際のところ、アナリストの約9割がNVIDIAを推奨し、これはまるで、海の中で見つけた水晶のように、どこから見ても美しく、市場関係者の多くも、この株の将来に強気な見方を持ち続けている。

NVIDIAのPERは約40倍だが、東京エレクトロンなどの30倍のPERと比べても、極端に割高とは言えず、むしろ、これだけの成長力と革新性を持つNVIDIAにとっては、妥当な評価だと言う人もいる。

2000年のITバブル期のシスコは、PERが100倍にも拡大した時期があった。その時と比べれば、NVIDIAの株価上昇にはしっかりとした業績の裏付けがあり、ただの夢物語ではなく、現実に基づいた成長なのだという。

さらに、コールオプションの取引もNVIDIA株の求心力を高めている。

今週の7日に満期を迎えるオプション取引では、権利行使価格が1250ドルや1300ドルのコールが特に活発のようで、市場参加者がコールを買おうとする中、売りで応じた値付け業者は、株価上昇に伴う損失拡大リスクを軽減するために現物株を買い、さらに株価を押し上げる「ガンマスクイーズ」という現象が起きている。

ゲームストップ株が急騰したミーム株の時でも見られた現象だ。

NVIDIAの株価は、単なる熱狂やバブルではなく、実際の業績と市場の需要によって支えられているようにも見える。

更に10分の1の株式分割を発表したことも注目されている。

過去に大きな株式分割をした企業は、その後のパフォーマンスがインデックスと比較して飛躍的に伸びているというデータもある。

そして、アナリストや市場関係者の信頼、予想PERの適正さ、そしてコールオプションの動きが相まって、その勢いは今のところとまる気配がない。

つまり、「NVIDIA株は「今が買い時」でこの波に乗り遅れるな!」ということである。

あなたならNVIDIAを今からでも買えるだろうか?

PS
上昇相場でも暴落相場でも相場がどちらへ行こうとも利益を出せるのはトレンドフォローモデルだけです。もう下手な逆張りで傷を広げるようなことをせずに大きな利益が期待できるトレンドフォローの運用をしませんか?詳しくはこちら

今日もお越し下さりありがとうございます
応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング

メルマガ詳細

【オンライン無料相談】

オンライン無料相談始めました。ご自身の運用についてのお悩みや、新しい運用のネタのきっかけを探しておられる方は、お気軽にご相談ください。

オンライン無料相談

【なんちゃってデイトレード】

「なんちゃってデイトレ」では、今回の記事のように海外の商品先物などをフィルタに使ったモデルを公開しています。

なんちゃってデイトレード

【勉強会のご案内】

不定期で資産運用の勉強会を開催しています。

株、ETF、先物、FX等、ジャンルに関わらず、収益機会があればどんな金融商品にも積極的に投資を行い、相場をATMにすることを目的とします。

安定的に最高のパフォーマンスを継続させるには、運用モデルの開発やブラッシュアップを絶えず行う必要があり、新しいアイデアや運用モデル、マーケット情報を勉強会のメンバーと共有します。

勉強会の開催は随時ブログでご案内しますので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

現在開催中の勉強会はこちら

Youtube

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

———————————————————————-

(Visited 38 times, 1 visits today)