相場は僕のATM!?

怪しいビットコインが有価証券に化けるeワラントというオンラインカジノ

500万を超え、いったいどこまで行くのかビットコイン。

虎の子のビットコインをガチホして、いざ1000万円へと夢を膨らませている人もいるだろう。

ビットコインを資産として本格的に取り入れ始めた投資家も増えており、テスラのイーロンマスクも、1500億円をビットコインに突っ込んだ。

ビットコインについては、その担保性や安全性について未だにいろいろと議論されてはいるが、機関投資家の連中はビットコインを運用ポートフォリオに徐々に組み込み始めている。

どんどん上昇しているビットコインのチャートを横目に、「今更ここでは買えんなー」と指を加えて眺めている個人投資家も多いだろう。

金融商品は数あれど、これだけ値動きが激しい商品はビットコインを置いて他に見当たらず、しかも海外取引所を使えば、最大100倍のレバレッジで取引できる商品はとても魅力的に映る。

しかし金融庁の管轄外の海外証券会社は、信託保全などという安全弁もなく、それこそハッカーの攻撃を受ければ、すべての資産を失う可能性もあり、なかなかまとまったお金を入金してトレードするのを躊躇している人も多いはずだ。

そしてこのタイミングで、eワラント証券がビットコインを対象とした金融商品を開発した。

最大の特徴は、株や先物などと同じ証券口座での取り扱いとなり、金商法上の有価証券でFXや先物取引と同じ申告分離課税となること。

ビットコインなど仮想通貨への投資は、雑所得として総合課税で利益の最大半分を税金で持っていかれるが、これを使うと利益の20%の税金で済む。

怪しい暗号通貨から、通常の有価証券に化けるという安心感は大きく、しかも値動きはビットコインに連動しレバレッジも5倍程度あるので、安心して?ダイナミックなトレードができるようになる。

安全性や税金を考えたらなかなか良いかもしれんね。

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです

応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村