相場は僕のATM!?

安すぎる日本は嬉しいけどちょっと悲しい

「安いニッポン」という本を読んだ。

先進国の中では日本の物価は本当に安いと実感する。

特にアメリカやヨーロッパから帰国した直後は、わずか1コインでランチが食べられることに改めて驚きを感じる。

アメリカならランチで普通に15ドルくらいはするが、わずか5ドルでランチを食べられるなら、お店はもう長蛇の列になるだろう。

日本にずっといると、日本がこんなに安いという実感はなかなか湧かないが、世界の物価はどんどん上がっているのだ。

逆に言えば日本がどんどん貧乏になっている感じが半端ない。

今でも東南アジアなんかへ行くと、円はまだ強いという実感があるが、これからはどんどん他国もインフレになるので、東南アジアで豪遊というのも長くは続かないだろう。

米住宅都市開発省がサンフランシスコで年収1400万円の4人家族を低所得者に分類したという。

日本で最も高い東京都港区でも平均年収は約1200万円。つまり日本の富裕層エリアの港区でも、平均所得はサンフランシスコの低所得並みというのが衝撃だった。

しかしどうしたら年収1400万が低所得になるのかね?

日本の年収の中央値が400万程度の事を考えると、サンフランシスコの基準では、ほとんどの日本人は貧困層になってしまう。

詳しい事はよくわからんが、サンフランシスコは住まない方がよさそうだ。

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです

応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村