中国版リーマン・ショックいよいよか?香港市場では不動産や保険関連株が叩き売られる。

中国版リーマンショックがいよいよ現実味を帯びてきた。

日本が祝日の今日、香港市場では不動産や保険関連の株が大きく売り込まれている。

不動産株の指数は1年振りの大幅安となり、金融関連も引っ張られるように大きく下落している。

今日大きく値を下げた香港マーケット

引き金となるのは、今週に期日を迎える中国恒大集団が発行した社債の利払い。

ほとんどのマーケット関係者は、支払いを実行できるのは無理だろうと考えている。

もし中国政府が救済に乗り出さないとすれば、極めて大きなインパクトが世界の金融マーケットに起こるかもしれない。

香港市場では中国恒大集団の株は、更に20%近く下落している。

さあ、どうするキンペー。待ったなしだぞ。

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです

応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


金融・投資ランキング

(Visited 127 times, 1 visits today)