新興国の若者がガンガンコーヒーを飲み始めてコーヒー豆の生産が全然間に合わず、これからコーヒーは贅沢品になる。

コーヒーを飲む人が世界的に激増している。

1人あたりGDPが8000ドルを超え人口が増加している国は、コーヒー消費量が爆発的に増えると言われている。

トルコでは5年前の2倍増え、インドネシアは40%増え、中国のコーヒーチェーンであるラッキンコーヒーの店舗数はスタバより多い。

さらにインドやアンゴラ、ガーナなどのアフリカ諸国もどんどんGDPが伸びているので、これらの国はみんなコーヒーを飲むようになるだろう。

こうした流れのとばっちりを受けるのが、日本などをはじめコーヒーを当たり前に飲む国の人達。

このまま世界中の人が飲み始めたら、一体コーヒーの値段はどこまで上がるのか想像できない。

コーヒーはお米などのようにどこでも生産できるわけではなく、赤道を上下にはさんだ限られた場所でしか生産できないので、将来は本格的な争奪戦になるかもしれない。

コーヒーは買いだな。

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「2つのバナー」をポチっとしていただくと、とても嬉しいです♪

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村


先物・オプションランキング

(Visited 42 times, 1 visits today)