ユーロが紙切れになる日


ユーロがどんどん安くなっている。

ついに20年振りとなるパリティ(1ユーロ1ドル)になり、円と同じく世界でとても安い通貨になってしまった。

2008年のピークからすでに60%以上も下落したユーロは、米国の観光客にとってはウハウハだろう。

イタリア、フランス、スペインなど日本でも大人気の観光地は米国人が大挙して押し寄せ、「安い安い」とガンガン買い物をし、普段は泊まれなかったグレードの高いホテルに泊まり、レストランでシャンパンをがぶ飲みする。

「いやー、ヨーロッパは最高でんな」と米国の観光客は大喜びだそうだ。

日本円はユーロより更に安いので、本当なら世界から鬼のように観光客が押し寄せても良さそうだが、そこは鉄壁の守りを敷き容易にガイジンを受け入れない我が国。

入国にはPCR検査を義務付け、団体客に限定し、勝手に好きなところに行くことは許されず予め決まったコースしか観光できない。

ガイジンにとっては今の日本は北朝鮮のような国なのである。

しかしこれだけ通貨の格差が広がると、かなり経済が歪むだろうね。

ヨーロッパと日本はこれからどんどん貧しい国になっていくのだろうか?


最高益更新モデル

Topix先物のトレンドフォローモデルが最高益を更新。
2016年~2022年7月 単位:1枚


損益 +30,682,500円
年平均 +2,500,000円 
年間勝率 100%


【勉強会のご案内】

不定期で資産運用の勉強会を開催しています。

株、ETF、先物、FX等、ジャンルに関わらず、収益機会があればどんな金融商品にも積極的に投資を行い、相場をATMにすることを目的とします。

安定的に最高のパフォーマンスを継続させるには、運用モデルの開発やブラッシュアップを絶えず行う必要があり、新しいアイデアや運用モデル、マーケット情報を勉強会のメンバーと共有します。

勉強会の開催は随時ブログでご案内しますので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

現在開催中の勉強会はこちら

今日もお越し下さりありがとうございます
応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング

 

【Youtubeチャンネルのお知らせ】

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

目からウロコの新着ブログ記事はここをクリック

カテゴリー

 資産運用 

 政治・経済

 勉強会 

 旅行

 雑記

(Visited 71 times, 1 visits today)