円安はもはや行き過ぎレベルか?


円安が止まらずについに150円を突破し、先週末はまさかの為替介入。

152円→144円まで一気に円高に振れたが、その後はお決まりの巻き返しモードで、週明けにはもう149円辺まで戻している。

ミセス・ワタナベと呼ばれる日本の個人投資家も、今回の巻き返しには随分と貢献したようだ。

政府・日銀の「介入」タイミングが、最高のドルの押し目買いポイントだということがわかってしまい、みんな固唾を飲んで介入の時を待っているようにも見える。

今FXで一番儲かる手法は、間違いなく「介入トレード」だろう。

しかしこの「介入トレード」もいつかは通用しなく時が来る。

未来永劫通用する手法など無いが、「介入トレード」の音楽が鳴っている間は、誰も疑うことなく同じことを繰り返す。

一方、ファンダメンタルズ的にはどうみても今のドル円のレートは行き過ぎだという声も多い。

インフレ率が80%と言われるトルコは、金利を上げるどころか下げ続けるという謎の金融政策をとっているので、外から見たらもうトルコ通貨は破綻への道にまっしぐらに突き進んでいるように見える。

つまり今世界で一番ヤバイ通貨がトルコの通貨なのだが、日本円はこのトルコ・リラに対しても安くなっているという衝撃の事実を下のチャートは表している。

テキストの画像のようです


このチャートを見た時に、いくらなんでも円は安すぎると思った。

今の為替レートは、「投機ミュージック」に載って踊り狂っている人達の狂気の祭りのようだ。

しかし「投機ミュージック」が続いている限りは、誰も踊りを辞めないだろう。

それが世界一のカジノと呼ばれる為替市場なら、なおさらだろう。

今日もお越し下さりありがとうございます
応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング

運用に役立つ内容が全て無料で読めます!まだメルマガ登録していない方は今すぐご登録を!
投資手法を詳しく解説したバックナンバーも全て無料で読めます。

メルマガ詳細


【勉強会のご案内】

不定期で資産運用の勉強会を開催しています。

株、ETF、先物、FX等、ジャンルに関わらず、収益機会があればどんな金融商品にも積極的に投資を行い、相場をATMにすることを目的とします。

安定的に最高のパフォーマンスを継続させるには、運用モデルの開発やブラッシュアップを絶えず行う必要があり、新しいアイデアや運用モデル、マーケット情報を勉強会のメンバーと共有します。

勉強会の開催は随時ブログでご案内しますので、ご興味がありましたら是非ご参加ください。

現在開催中の勉強会はこちら

 

【Youtubeチャンネルのお知らせ】

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

目からウロコの新着ブログ記事はここをクリック

カテゴリー

 資産運用 

 政治・経済

 勉強会 

 旅行

 雑記

(Visited 93 times, 1 visits today)