「ダウの犬」という有名な株式投資法は儲かるのか?

「ダウの犬」という有名な株式投資法は儲かるのか?

日経平均よう上がりまんなあ
このまま沈むんかなと思ったら、気が狂ったように戻している。

伝染病が世界中に広がろうかという危機に、株価が上がるとはどういうこと?

コロナウィルスの影響で、これから益々マーケットへの悪影響が出てくると思っていたら、日経の記事では、「コロナウィルスの影響で景気の悪化を懸念した世界の中央銀行が一斉に金融緩和に走り、株価の上昇に拍車がかかった」と解説。

なんで恐ろしい伝染病が広がってるのに、株価が上昇するねん?

ホントに株の上げ下げに対して、メディアの取り上げ方は意味不明だ。

新聞記者って何を根拠にこんな記事書いているんだろう。書けば良いってもんでもないと思うけど・・

でもこれって、空売りしてる連中が予想外に踏み上げられてロスカットの買い戻しを連発している結果なんだけどね。

そういう僕も裁量で先物売って、エライ目にあっているけどw

コロナウィルスや米中貿易戦争など、不安な要素一杯の株式市場であるが、こんな時はどうすりゃエエねん?と嘆く投資家の姿が目に浮かぶ。

「ダウの犬」という有名な株式投資法は儲かるのか?

そんな人は、「ダウの犬」になろう。

「誰かの犬になれ」とはとても侮辱的な言葉だが、そこは人間、儲かるなら喜んで人様の犬になるべきである。

結構有名な投資法なので知っている人はもしかしたら実践しているのかもしれない。

ダウの犬とは、NYダウを配当利回りの高い順に並べて、上位10銘柄に投資する方法。

単純に業績の良い会社の選択を「配当利回り」というフィルターに掛け、ポートフォリオを組んで1年間保有するという、極めてシンプルな投資法だ。

ダウの犬だから、NYダウしかできないということではなく、立派に日本株でも通用するようだ。

めんどくさいので自分で検証していないが、代わりにこちらで検証してくれた人がいる。

なかなか良い感じはないだろうか。ダウの犬を日本株に応用してもうまくいくのね。

いろんなフィルターを入れて、株をスクリーニングしてごちゃごちゃ考えるのが嫌な人は、これだけでそれなりのパフォーマンスが期待できるので悪くはないかも。

「ダウのネコ」を検証してくれる人募集

逆に配当利回りの低い順に並べて、ワースト10を空売りしたらどうなんだろうね。

ダウの犬のリバースだから、ダウのネコとでも読んだらいいのだろうか。

「ダウのネコ」気になるなあ。

これがうまくいくなら、「ダウの犬」+「ダウのネコ」=最強

皆さんにシェアしますので、検証してくれた人是非ご連絡ください(笑)

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです。

人気記事

システムトレードを使った投資手法で資産運用する

経済危機を乗り越え25年間勝ち続ける先物投資法

年率390倍の投資法

運用成績

旧ブログ(2019年10月以前の記事)