相場は僕のATM!?

ビットコイン200万円の壁に跳ね返されて息切れか?

ビットコインに第三波がやってきて、ついに200万円を突破し大きくブレイクするのも時間の問題だと見れれていたが、200万円の壁は厚いようでなかなか乗り越えられずにいる。

12月に200万円に到達したビットコインだが、大きな壁を超えられずに200万円手前でもみ合っている。

僕のビットコインの運用モデルは、10月8日から2か月以上もの間、買いシグナルが続いていたが、12月8日についに売りシグナルに転換した

これが騙しで終わるのか、そのまま大きな転換点となるのかはわからないが、再度買いシグナルがでるようだと、200万円のブレイクも十分ありうると思う。

逆にこのまま下のトレンドが出てしまうようだと、ビットコイン祭りも終焉を迎えるかもしれない。

ネコも杓子も買っていた以前のビットコインバブルと違い、今回のビットコインの上昇は機関投資家がインフレヘッジで買っているという側面もあり、ビットコインはこのまま上昇を続けるという見方がマーケットでは支配的なようだが・・

このまま突っ走っていってもらいたいがどうなるだろうか。

ビットコインブレイクアウトモデル(2015~2020年12月現在)

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「ブログ村」のバナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです。

人気記事

コロナ相場が待ち遠しくなるVIX(恐怖指数)でヘッジする最強のトレード手法

運用モデルについて

旧ブログ(2019年10月以前の記事)

(Visited 1 times, 1 visits today)