10年後の自分に手紙を出せるツールがある。あなたは何を自分充てに書きますか?

未来の自分に手紙を書く。

昔、自己啓発の本にこんなことを書いているのを思い出した。

5年後の自分、10年後の自分、20年後の自分に何を書こうかと思うのだが、内容はともかく10年後に自分から手紙が届いたらとても面白いだろうなと思った。


「おー、10年前はお前はこんな面白いことを考えておったのだな」

「あー、10年前はお前はなんて馬鹿な事で悩んでいたんだろうか」

こんなことを考えていたら、日本郵政が未来の自分に手紙を出すサービスをしているのを見つけた。

その名もタイムカプセル郵便。

タイムカプセル郵便

お客様ご自身が数年後(10年後まで)の自分・大切な人に手紙を書いていただき、未来の指定する日に、未来の指定する場所に届くよう、お手紙を管理・差し出すサービスです。
お手紙は、内閣総理大臣認定の公益財団法人日本郵趣協会が大切に保管し、お届けの指定日に合わせ、差し出します。配達は、日本郵便株式会社が行います。

日本郵政

へえー、こんなサービスがあったんだね。

しかし10年後に郵便で手紙を届けてくれる保証あるのかなとふと疑問に思った。

日本郵政自体が解体され、ばらばらになり、もはや郵便事業は辞めましたとなっていないのかが心配。

そうしたら電子メールで同じようなサービスを提供しているサイトがあった。

海外サイトだが、手紙を書いて何年後に出すかを選ぶだけ。とてもシンプルだ。

10年後の自分へ、あなたは何を書き記したいだろうか・・

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「2つのバナー」をポチっとしていただくと、とても嬉しいです♪

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村


先物・オプションランキング
(Visited 91 times, 1 visits today)