【株式投資】虎の子のアリババの株がどんどん下がり、ソフトバンクGは大丈夫なのか?

AIを投資判断の中心に据え、次々と世界の有力なスタートアップを上場させているソフトバンクGだが、相場環境の雲行きが怪しくなってきた。

期待のグラブはSPACと合併させ、待ちに待った上場は初日から大こけの模様。

AIバブルが弾けるのかもしれない・・

ソフトバンクG出資グラブ、ナスダック上場初日に株価急落

虎の子のアリババは、中国共産党リスクをもろに被り、独占禁止法違反など様々な規制を掛けられて、もはや自由に経済活動ができなくなる事態に陥っている。

これではマーケットが見放すのも無理はない

アリババの株価はご覧のように急降下し、まだ底が見えない状態。。

このまま底が抜ければ、アリババの大株主であるソフトバンクGを支えていた財務の信用力にもクエスチョンマークがつく。

AI革命が世界を劇的に変化させ、皆を幸せにするテクノロジー企業は、もしかしたら2000年のITバブルの二の舞に成りはしないかと勘繰る投資家も増えている。

前回の記事でも書いたが、株式分割の調整後の株価では、20年前と現在の株価水準は同じレベル。

ソフトバンクGは20年間株価が上がっていないという事実

ソフトバンクGはこれからいばらの道を歩くことのなるのだろうか。

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「2つのバナー」をポチっとしていただくと、とても嬉しいです♪

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村


先物・オプションランキング


(Visited 122 times, 1 visits today)