上に行ったり下に行ったり相場は日めくりカレンダーのような値動きだが、スイング+デイトレモデルは絶好調


米国のテーパリング開始や早期の利上げ観測から、米国株の値動きもだんだんと怪しくなってきた。

日本の市場も米国株の値動きに翻弄され、上へ下へと糸が切れた蛸のような値動きが続いている。

マーケットは日めくりカレンダーのように値動きが上下するが、スイング+デイトレモデルにとっては絶好の値動きが続いている。

週明けの日経平均の大きな下落によりショートで大きな利益。


前日の大きな下落から一転、日経平均は大きくリバウンドし、今度はロングで大きな利益。

相場はまるで方向感がなく、宙をさ迷いフラフラしているようだが、運用モデルはすこぶる調子がよい。

ここ数日(12/16~12/21)では、ミニ1枚で+107,500円、フィルターなしのモデルだと+188,500円ものリターンになっている。

このパターンがずっと続いてくれることを望む・・

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「2つのバナー」をポチっとしていただくと、とても嬉しいです♪

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村


先物・オプションランキング
(Visited 78 times, 1 visits today)