4月のスイング+デイモデルの成績


4月も引き続き、ウクライナ情勢や金利上昇でマーケットには大きなボラティリティが発生した。

最近の相場の荒れ具合は、スイング+デイモデルにとっては絶好の収益機会をもたらしてくれ、トレンドは毎日目まぐるしく変わり一定の方向感が無いのは相変わらずだが、運用モデルと相場環境が極めてマッチしている状態が続いている。

米国市場が大きく調整していて中長期運用は苦戦しているが、お金の株式市場への流入は今後も止むことは無く、株価の上下の予想は無理だが、過剰な流動性はしばらく続くだろう。

運用モデルにとっては、過剰流動性はとてもありがたい存在になっている。

4月成績 +224,500円
225先物ミニ1枚


【Youtubeチャンネルのお知らせ】

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

目からウロコの新着ブログ記事はここをクリック

カテゴリー

 資産運用 

 政治・経済

 勉強会 

 旅行

 雑記

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
バナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです♪

応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング
(Visited 135 times, 1 visits today)