10月のスイング+デイ+ナイトモデルの成績


日銀の大規模な為替介入など10月は大きなイベントが目白押しだった。

短期的なスパンでの値動きは方向感が全くなく、乱高下が連続して続くという珍しい展開になり、トレンドフォローモデルは苦戦した月であった。

225先物のチャート(10月)


コロナの影響はロックダウンを続ける中国と、マスク大好き日本以外は、人の流れが活発で観光産業などもほぼ元に戻り、経済活動はようやくノーマルに戻ったようだ。

ただインフレはあいかわらず収まる様子がなく、これから株式相場も冬の時代が近づいていると言われているが、GAFAMなどの決算を見ると、利益は減っているが、それほど悪い数字でもなく、米株式相場は上昇を続けている。

10月の好調な米株式市場を見て、リセッションは終わったなどというムードも流れているが、本当はこれからが下落の静かな始まりのような気がする。

乱高下が続く225先物市場だが、運用モデルは今月は苦戦。

なぜか週の最初だけは利益になり、その後は負けが続くと言う珍しい展開になった。

10月成績 -58,000円
ブラッシュアップモデル -57,000円、ナイトセッション +2,500円、押し目買・戻り売モデル +64,500円)

225先物ミニ1枚


直近1年間の損益グラフ(2021年11月~)


長期損益グラフ(2007年~)

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
バナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです♪

応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング

8【Youtubeチャンネルのお知らせ】

Youtubeチャンネルでは、僕の35年間の相場経験から学んだ相場で起こる様々なアノマリーや投資本で紹介された投資法を実際に検証し、その結果を公開しています。少しでもご自分の運用アイデアの足しにでもなればこんなに嬉しい事はありません。是非チャンネル登録お願いします。

目からウロコの新着ブログ記事はここをクリック

カテゴリー

 資産運用 

 政治・経済

 勉強会 

 旅行

 雑記

(Visited 134 times, 1 visits today)