【株式投資】ウクライナ危機で翻弄される株式相場だが、株は今売った方がいいのか?


連日連夜、ウクライナ情報がひっきりなしに流れているが、投資家にとっても極めて重大な事態だ。

特に最近、株式投資を始めた人にとっては、今までの順調すぎる株価上昇に慣れきってしまい、こういう地政学的な問題や、世界の金融市場の大混乱を経験したことが無いので、これからどうしたらいいのか思い悩んでいる人も多いだろう。

今ロシアでは債券や株、通貨などありとあらゆるものがとんでもないことになっている。

暴落が止まらないロシア国債


同じく暴落が止まらないルーブル


ある米国のアナリストはこう言っている。

「歴史的に見ると軍事衝突の大半において、特に局地的な衝突では、投資家心理への悪影響が長くは続かない傾向にあり、最終的に買い場となる」

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-02-28/R80TQ7DWLU7701?srnd=cojp-v2

つまり「戦争は買い」だということだ。

過去の歴史を見ると確かにそうかもしれないが、人間のメンタルというのはそんなに簡単に「統計的に合理的な判断」ができるものではないということは、これもまた歴史が証明している。

「戦争は買いだ!」と叫んでいるあなたは、本当に株を買っているのだろうか?

吠えるだけなら犬でも吠えるけどね・・

目からウロコの新着ブログ記事はここをクリック

カテゴリー

 資産運用 

 政治・経済

 勉強会 

 旅行

 雑記

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
バナーをポチっとしていただくと、とても嬉しいです♪

応援よろしくお願いします!

先物・オプションランキング
(Visited 78 times, 1 visits today)