日銀砲が再び発射されたが株価は戻らず大きく下落した日経平均。今後の株価の行方はどうなる


昨日はNYからの下落の流れを東京もそのまま引き継ぎ、前日比-681円安で終了した。

下落率は実に2.31%という大きなものだった。

前場終了時に前日比で2%を超える下落があれば、午後から日銀砲が発射されるのがマーケットのコンセンサスで、この日も予想通り日銀の701億円のETF買いが行われた。

しかしマーケットは反応せず、そのまま更に下落を続ける。


もう日銀のロケットランチャーはマーケットに見過ごされ、大きな底入れにはならないようだ。

今までなら間違いなくこれだけ大きな下落なら、日銀のETF買い入れと共に、多くの参加者が我先にと買いを入れていたが、少し様相が変わってきたのを感じる。

日銀のETF買い入れの履歴が見れるサイト


大きく下落したマーケットだったが、スイングトレードモデルはトレンドフォローの仕掛で、今回は幸い売りポジションで値幅が+645円と大ボーナスで2%以上もの大きなリターンを得ることができた。

ブラッシュアップセミナー2でご紹介したフィルター版の成績は絶好調で、過去最高損益を更新した模様。

相場がヨコヨコが続くとストレスも溜まるが、たまにこうして大きなリターンを得られるのがトレンドフォローの醍醐味だ。

トレンドフォローのシンプルなモデルに有効なフィルターを採用することで、比較的勝率の悪かったエントリーを排除することができる効果は大きい。

今年に関しても、負けた月は2回ほどで、ドローダウンも小さく極めて安定している。
(ミニ1枚、単位円)

2021/0179,000
2021/02202,500
2021/036,000
2021/0464,500
2021/05-1,500
2021/06103,000
2021/078,000
2021/08-4,000
2021/0992,000
2021/1064,500

「ブラッシュアップセミナー2」受講の方からのメールをご紹介


お世話になります。
昨日は、凄まじい下げ相場でしたねこんなに取れたのは初めてですw
どうもありがとうございます♪

ブラッシュアップセミナー2を拝見しました。大変素晴らしい分析で、面白かったです。
是非、自動化にも対応して欲しいところです。

当面は、自動発注後に、エクセルシートでサインを確認、0だったら発注を取り消し、するつもりなのですが、(以下略)
以上、よろしくお願いします。



Pの公式を使ったシュミレーションでは、スタート資金の50万円が約5倍の250万円と最高損益を更新した。


テンバガーになりそうな銘柄を、膨大な上場株の中から探すのは至難の業だが、日経平均先物を1つだけ取引するだけで、1年でテンバガーを達成するのも決して夢ではない。

さあ年内中に10倍のテンバガー行くか?楽しみである。

【自動売買可能な運用モデルのご案内】

「先物、株式、仮想通貨、海外株価指数CFD」など多くのマーケットに対応できる優れたモデルです。
米国株の独り勝ちが続いていますが、「アメリカこけたら皆こける」とならないために、長期安定した運用モデルを使った資産運用をご提案しています。
日経平均先物は自動売買対応で、トレード時間の制約を受けることなく、機械に任せた運用が可能です。
【勉強会】スイングトレードモデル・自動売買

今日も、「相場は僕のATM!?」に来てくれてありがとうございます。
記事の下にある「2つのバナー」をポチっとしていただくと、とても嬉しいです♪

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村


先物・オプションランキング
(Visited 93 times, 1 visits today)